これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
岩波少年文庫 王への手紙 (上)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 王への手紙 (上)

  • 児童書
作: トンケ・ドラフト
訳: 西村 由美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥840 +税

「岩波少年文庫 王への手紙 (上)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月16日
ISBN: 9784001145748

その他・規格外・410頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

新米騎士に叙任されることがほぼ決まっていた、16歳の見習い騎士ティウリ。
しかし最後の条件となる、礼拝堂で一夜をすごす義務の途中で、年老いた男に助けを求められる。切羽詰まったその声にこたえて礼拝堂を抜け出したティウリは、森で謎の騎士が殺され死にかけているところに出くわす。騎士に託された「王への手紙」を携え、たった一人、行ったこともない遠い隣国の王のもとへの旅がはじまった…。

オランダの作家トンケ・ドラフトによる、手に汗握る冒険小説。少年ティウリが、そのときどきで迷いながらも、自ら信じたことをやりとげようと困難に立ち向かう姿に、何とも言えない緊張感とドキドキする面白さが伝わってきます。
前半、ティウリが敵の赤い騎士だけではなく、謎の灰色の騎士の一団にも追いかけられ、追いつめられる場面は、緊張の最高潮です。塔に閉じ込められた絶望的な一夜、自分の身に何が起こっているのかわからない不安のなかで、ティウリが為した精一杯の抵抗。そこに手をさしのべるひとの存在があり、少年は一夜を乗り越え、新たな道を切り開きます。だんだん謎の騎士の正体がわかり、下巻へと物語はつながっていきます。

『王への手紙』初版が出版されたのは1962年。翌年にオランダで子どもの本の賞(「金の石筆賞」の前身)を受賞。それ以来この本がオランダの書店の児童書コーナーに見られなかったことはないそうです。
1930年、当時オランダの植民地だったインドネシアのジャカルタで生まれたトンケ・ドラフトは、第二次世界大戦最中の1942年に占領した日本軍によって、母親と妹たちとともに日本軍収容所で過ごすことになります。苦しい日々の中で、作者は想像のお話を作ることの楽しみを知り、その才能の喜びを知ったのだそうです。

トンケ・ドラフトは『王への手紙』の挿絵も自ら描きました。その絵は岩波少年文庫版でも見ることができます。お話を作り、語り、挿絵を描く。トンケ・ドラフトが生み出した物語の一体感が、生き生きした会話やさりげない挿絵からそのまま伝わってきます。
隣国の実情をくわしく知らないままに、旅への一歩を踏み出し、次第に身をもって世界を知っていく、16歳のティウリの姿に勇気づけられる作品です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

騎士になるための最後の試練の夜に、思いがけず重大な使命を与えられた少年ティウリは、隣国へと旅立つ。謎めいた隠者、陰険なスパイ……手に汗にぎる、オランダの人気冒険小説。

ベストレビュー

最初から物語にぐいぐい引き込まれていきます。

トンケの作品は設定がシッカリしていて読者への説明がとてもうまいので、あっという間に物語の中に吸い込まれて行ってしまいます。
「王への手紙」タイトルが実にシンプルです。ちょっと残念なのは、たぶん日本人の小学生や中学生に国を守る「騎士」とか、王への忠誠心みたいなものはピンとこないだろうな〜というところです。
読んだら絶対面白い!それは自信を持ってお勧めできます。
でも、子どもたちに手にとってもらうまでの、周りの大人のアクションが大事なミッションになるような作品ではないでしょうか。
ミッション。そう、この物語は一人の若者が、託された手紙を秘密裏に隣の国の王のもとへ届けるという孤独で大変なミッションだったのです。
上巻の前半ではだれが敵か味方かわからず、主人公ティウリは変装したり、偽名を使ったり…。
読んでいるこちらも「こいつ敵じゃないの?」「一緒にいて大丈夫なの?」「ここに泊まらない方がいいよ。天気が悪くても別のことろに行こうよ」と、心の中で叫びながらティウリと一緒に冒険している気分を味わえました。
次は下巻。ティウリは無事、手紙を届けることが出来るのでしょうか。
余談ですが、西洋の騎士たちは甲冑を着て一日中行動しているのに、ほとんどお風呂に入ることが無さそうでした。
甲冑って、汗臭かったんじゃないかな〜。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

トンケ・ドラフトさんのその他の作品

岩波少年文庫 青い月の石 / 踊る光 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 下 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 上 / 岩波少年文庫 156 ふたごの兄弟の物語 (上) / 岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下)

西村 由美さんのその他の作品

岩波少年文庫 かくれ家のアンネ・フランク / 犬とおばあさんのちえくらべ 動物たちの9つのお話 / 15の夏を抱きしめて / パン屋のこびととハリネズミ ふしぎな11のおとぎ話 / 岩波少年文庫 アーベルチェとふたりのラウラ / イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

岩波少年文庫 王への手紙 (上)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット