季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

  • 児童書
作: あんずゆき
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年12月15日
ISBN: 9784333024636

小学校中学年から
22p×16p 128ページ
A5判・22p×16p・128ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

クラウン・Kこと道化師の大棟耕介さんは、病院を訪ねて患者に笑いを届けるホスピタルクラウンとして活躍しています。
子どもたちからの愛称はKちゃん。Kちゃんとふれあうと、たちまち誰もが笑顔になって、
病院の張りつめた空気が、明るくやわらかく変わります。まるで、魔法にかけられたように――。入院中の子どもたちとKちゃんの交流を追った、心あたたまるお話です。
“好き”を“パワー”に変えて走り続ける大棟耕介さんの姿に、きっと勇気づけられるはずです。

<ここがポイント>
・ホスピタルクラウンの活動がよくわかります
・夢や希望の持ち方やその大切さがかわります
・心あたたまるお話です


ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

ベストレビュー

いつも笑顔で

夏休みの読書感想文の課題図書で購入しました。これまでホスピタルクラウンの存在を知りませんでしたが、こんなにも人の役に立つ、人を笑顔にする仕事があるのだと感動しました。自分と同じ年頃のこども達でも、病院に入院して病と闘っている子達がいることを知るのも、こどもにとって良い経験でした。笑顔は大切ですが、そのような立場にあるこども達を笑顔にするのは至難の業だと思います。しかしそれをやってのける、Kちゃんの姿に大人の読者も胸打たれることでしょう。
(ちょてぃさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

あんずゆきさんのその他の作品

きみのなまえ / 大坂城のシロ / 夏に降る雪 / 佐藤初女物語 / 菌ちゃん野菜をつくろうよ! / おたすけ屋助太のぼうけん(2) おばけ、追いださないでください


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 社会 > ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

3月の新刊&オススメ絵本情報

ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く――笑って病気をぶっとばせ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット