オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子16歳 男の子12歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もコツコツ積み重ねいつしか1500を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら続けていく中でありがたいことに、賞を受賞する機会も増え大変、励みになっています。

ここで頂いたポイントをまた子どもの本へとまた還元させていただき、益々かけがえのない存在となっています。
今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1608件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おふろやさんシリーズでぽっかぽか  投稿日:2019/03/05
おふろやさんのまねきねこ
おふろやさんのまねきねこ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: ひさかたチャイルド
冬の寒い時期、この絵本を読んでいるだけでなんだか身体がぽかぽかになってきそうなあったかい温泉絵本です。

シリーズでたくさん出ているので、子どもも表紙を見ただけで、これ、おふろやさんシリーズだ!とわかったようです。
図書館で見つけて嬉しそうに持ってきました。

今回の面白いところは、何気ない短い文章から、親子で登場する動物が、オスかメスかを子どもにさりげなく教えてくれる一文があるところです。
温泉にお父さんと子どもが一緒につかります。という場面があるのです。
例えばシカ、ライオン、にわとりなど・・たてがみがったり、角が大きかたり、とさかが大きいのがオスだということに気づくことができます。
こんなところでも、子どもの気づきがあると思うので絵本から学ぶこともたくさんあるなぁと感心しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズで楽しんでいます  投稿日:2019/03/05
おかあさんのパンツ 2
おかあさんのパンツ 2 作: 山岡 ひかる
出版社: 絵本館
3歳児の子どもがとっても喜んだ一冊です。
自分で文字が読めなくても一度読んであげると、自分で声に出して読んでいました。
いちごのパンツが・・スイカ!
から始まりますがなかなか想像の斜め上をいっていて、面白いです。子どもたちもえー!!!と大爆笑しながら楽しみました。
小さなサイズの絵本なので、子どもも読みやすいですし、短いけれど面白い!
そんな一冊です。
大人も、初めて読んだ時には、え?どうなるの?と次の展開が想像できないくらいです。最後もあーそうなるのか!!と驚きと納得!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいへびくん  投稿日:2019/03/05
ヘビくんどうなったとおもう?
ヘビくんどうなったとおもう? 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
シンプルな中にもあたたかみがあるイラストが宮西さんらしさを感じます。
へびくんのシリーズは3歳の子どもに読みましたが、繰り返しでわくわくします。
へびくん、なかなか木に登ろうとしても成功しません。
はじめはどうなったとおもう?と子どもに聞いても色々と答えていましたが・・段々と必ずドテッと落ちるというオチがわかってきます。

でも、最後はきちんと成功します。その成功の方法が・・可愛いですね!

かわいいへびくん、応援してあげたくなりますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大笑い  投稿日:2019/02/22
おかあさんのパンツ 3
おかあさんのパンツ 3 作: 山岡 ひかる
出版社: 絵本館
シリーズで出ています。子どもたちはパンツという言葉にまず大笑い。
そして、パンツをお母さんがはくと・・ちょっとのびて違うものに変わるという繰り返しでもページをめくるたびに大笑い。

小さな絵本で、ストーリーも繰り返しなので、小さな子から楽しめる内容です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちんぷくまんぷく・・リズムが面白い  投稿日:2019/02/22
めっきらもっきらどおんどん
めっきらもっきらどおんどん 作: 長谷川 摂子
絵: ふりや なな

出版社: 福音館書店
ちょっと表紙を見ると、おばけ?妖怪?怖い気もします。
そして、めっきらもっきらどおんどおん・・という不思議なリズムもなんだか気になります。

怖いもの見たさもあり、子どもの関心も惹きつけられます。
かんたの歌うでたらめなような歌がリズムよくて、ここを楽しく歌えるとより楽しい読み聞かせができそうだなと思いました。

出てくる妖怪たちも、怖いというよりはとっても可愛らしい。
なんだか愛嬌があります。

不思議な世界に自分も吸い込まれていくようなそんな不思議で楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんだか気持ちがわかるようです  投稿日:2019/02/22
おしっこちょっぴりもれたろう
おしっこちょっぴりもれたろう 作・絵: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
ヨシタケシンスケさんらしい、ユーモアあふれる絵本です。
子どもたちは、この表紙にまずくぎ付け。
そして、あー!おしっこもれてるーと喜んでいました。子どもってまずそういうところを見ていますね・・。

そして、読んでいるうちに、子どもなりに、あるある。それわかる。と共感できる部分があるのでしょう。真剣に聞き入っていました。

どちらかというと内容は4歳にはそこまで理解できるかな‥というような部分もあるのですが、ヨシタケさんのユーモアとセンスで、子どもも絵本の世界にひきこまれているようでした。

おじいちゃんの登場でほっと和みます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心温まるストーリー  投稿日:2019/02/22
ちいさなエリオット たまにはとおくへ
ちいさなエリオット たまにはとおくへ 著: マイク・クラトウ
翻訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
エリオットもねずみも可愛らしく、イラストも魅力的です。
そして、この二匹の登場人物の心温まる友情がどのシリーズも描かれていて心癒される絵本です。

今回は都会から出て、バスに乗って自然あふれる場所へ出かける先でのストーリーです。
仲良しの二匹が、また新たなお友達に出会って、楽しくパーティーをするページにほのぼのしてしまいます。

ハッピーエンドの結末が、読んでいて安心感があります。
次のシリーズがまた読みたくなる癒しの絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 芸術的!素敵な絵本のシリーズ  投稿日:2019/02/22
せんをたどって
せんをたどって 作・絵: ローラ・ユンクヴィスト
訳: ふしみみさを

出版社: 講談社
お話会で紹介していただき、とても素敵だなと感じた絵本です。まず、美しい絵。ページをめくるだけでも素敵でアートの世界に魅了されます。
そして、ストーリーはタイトルの通り。
自分の指で・・せんをたどって町や山に探検していきます。
子どもにとって、絵本の中の世界を自分でたどりながら読み進めていくのは楽しいこと。
このシンプルなスタイルがとても良いなと思います。

迷路などの絵本も楽しいけれど、この指でたどりながら・・というシンプルな迷路。
遊び心もあり、とても気に入りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルだけどとても面白い!  投稿日:2019/01/29
いろいろ ばあ
いろいろ ばあ 作: 新井 洋行
出版社: えほんの杜
絵の具のチューブをぎゅっとおすと、色んな色がばぁ!と出てきます。
その繰り返しですが、子どもと一緒に押してみよう!とせーの!でチューブを押して、次のページに行くときにはうわーと歓声があがりました。
はじめは単色、そして段々と2色が混ざったりします。赤と青で紫、赤と黄色でオレンジなど・・子どもにとっては新しい発見でとても楽しいです。

ストーリー自体はとても短いので小さな子も、十分楽しめます。絵の具の導入としても使えそうな一冊だなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユニークなキャラクターのきのこたち。  投稿日:2019/01/29
ほしじいたけ ほしばあたけ
ほしじいたけ ほしばあたけ 作: 石川 基子
出版社: 講談社
この表紙のシュールな顔つきの干しシイタケ・・かなりインパクトがあります。ネーミングもほしじいたけとほしばあたけ。
ちょっと興味があり、開いてみた一冊です。いろいろな種類のキノコが登場し、ストーリーは少し3歳の子どもには難しいかな?とも思いましたが、真剣に聞いていました。ひよわそうで年老いたシイタケなのですが・・仲間を助ける時の強さといったら!そのギャップがとても面白かったです。
この絵本、たくさんシリーズが出ているのですね。どんな活躍をするのか興味があります!

ユニークなキャラクター達が登場して面白いです!
参考になりました。 0人

1608件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット