LOVE すべては あなたの なかに LOVE すべては あなたの なかに
文: マット・デ・ラ・ペーニャ 絵: ローレン・ロング 訳: 小川 仁央  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
詩のような文章と美しいイラストで「愛」を謳う絵本

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子16歳 男の子12歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もコツコツ積み重ねいつしか1500を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら続けていく中でありがたいことに、賞を受賞する機会も増え大変、励みになっています。

ここで頂いたポイントをまた子どもの本へとまた還元させていただき、益々かけがえのない存在となっています。
今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1573件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい えーー!!まさか  投稿日:2018/10/08
はらぺこソーダくん
はらぺこソーダくん 作: 岩田 明子
出版社: 佼成出版社
ばけた君シリーズで大ファンになりました。このはらぺこソーダ君もどこかばけた君と通ずるものがあるというか・・愛嬌のある真ん丸のお目目が可愛らしいです。
そしてソーダのシュワシュワ感も美味しそう!

お話の展開も小さな子どもから楽しめる繰り返しではらぺこのソーダ君がにょろ〜っとストローを伸ばして果物などを吸っていくと、ジュースのグラスがきれいな色に変身していくという流れが次はどうなるの?というこどもの興味をひきつけます。

途中でまさかまさか!!猫登場。さすがの私もえ!??まさか!!と思いましたが、面白い発想ですね。

ばけた君シリーズが大好きな子どもたちならきっとこれも大好きだと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉遊びも楽しめそうですね  投稿日:2018/10/08
そらから ふるもの なんだっけ?
そらから ふるもの なんだっけ? 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
オニの子だけど、あんまり怖くなくて可愛い印象を受けます。真ん丸顔で岩田さんの描くキャラクターは目がくりっとしていて愛嬌があります。

空から降るものといえば・・・3歳くらいなら「雨―!!」と即答で答えが返ってきそうです。
でも、このかわいい鬼の子ちゃんは、なんだっけ?とわからない様子、次々とありえないものを降らせてしまいます。

その展開が、きっと子どもも違うよーっと突っ込みつつも楽しみながら次のページをめくることができると思います。

お尻にめがつく二文字の言葉って・・・色々ありますね。

〇めの文字を読み終わった後に子どもと考えてみるのも楽しいなと思いながら読んでいました。
かめ、こめ、まめ、さめ・・あめはあめでもキャンディー!

楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これまた奇想天外!面白い  投稿日:2018/10/08
とんねる とんねる
とんねる とんねる 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
岩田明子さんって、とっても面白い方なんだろうなと・・想像します。どの作品も、えー!?と思うような楽しい展開が待っていて、大人も子どもも笑わずにはいられません。

ばけた君、ソーダ君共になんて楽しい展開なのだろうと思いながら読んでいましたが、このお話も、序盤はトンネル遊び楽しいな〜と思いながら読み進めていたのに、そこ入る??入れる?という展開へ。

もぐらさんの掘ったトンネル・・みんなみんな通ってしまうのです。
まさかまさか、と思いながらも絵本の世界はそんなことも実現してしまうのですから楽しいですね!

ますます岩田さんのファンになってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さな子も期待しながら読める  投稿日:2018/10/08
どっしーん!
どっしーん! 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
表紙のワニさんのこの痛そうだけど・・どこか笑ってしまいたくなるようなユーモアあふれる姿に思わずページをめくりたくなってしまいます。

子どもたちの好きそうな「どっしーん」という擬音語が次々登場して、それだけでも充分楽しいのですが、ぶつかる度に動物の一部がミックスされてしまってへんてこな動物に。

小さな子どもでも次はまた変身するぞ!という次の展開を期待しながらページをめくることができるのがいいですね。

そして、その変身っぷりはすごい変!で面白い。ユーモアあふれています。

最後の最後の展開もハチに刺されるという展開が面白いし、みんなが元通りになって一件落着で楽しい余韻が残り面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物園に行く前に・・行った後にも  投稿日:2018/10/07
ほんとのおおきさ動物園
ほんとのおおきさ動物園 監修: 小宮 輝之(上野動物園園長)
写真: 福田 豊文

出版社: 学研
遠足で動物園に行く前に子どもに読みました。
とっても大きな絵本で表紙だけでも充分な迫力があります。

ほんとの大きさなので、とってもリアルです。
特にライオンの口を大きく開けているページは圧巻です。
怖いのだけどじっくり見たいというそんな衝動にかられます。

そして、象の様に大きな動物は見開きで一部が載っていたり、子どもの象が載っていたり・・

動物園に実際にいる動物がたくさん載っていたので、子どもにも事前に説明がしやすく、良い導入になりました。

アルマジロ、ナマケモノ、カピバラなどなど・・
色んな種類の動物に会えます。

大きく床に広げてじっくり動物を観察してみると楽しいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 発想がいいですね!  投稿日:2018/10/07
バナナおいしくなーれ
バナナおいしくなーれ 作: 矢野 アケミ
出版社: 大日本図書
美味しそうなバナナ!と思ってページをめくったら・・驚きの連続でした。
これは、子ども大好きですね。

ページをめくるたびに、子どもの驚きの声が聞こえてきそうです。
ソーセージにゴーヤにソフトクリーム・・あるわけないんだけど、こんな風にユーモアがあると読むのも楽しいですね。

読み終えたらなんだかバナナが食べたくなってしまいますよ。
背表紙のバナナ???あれ?歯磨き粉!
ここでも子どものえーーー!!??という笑いとどよめきが聴こえてきそう。

楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛い恐竜さんが登場します  投稿日:2018/10/07
まいごのたまご
まいごのたまご 著者・イラスト: アレックス・ラティマー
翻訳: 聞かせ屋。けいたろう

出版社: KADOKAWA
きょうりゅうのイラストが可愛い一冊です。
あまり、これまで恐竜の絵本に親しんでこなかったので、新鮮に感じました。
そして、だれのたまごかを順番にあてているうちに、もしかしたら恐竜好きなお子さんなら言い当てるかもしれませんね。

たまごがまいごだと恐竜たちがえっちらおっちら運ぶページ、愛にあふれていて気に入りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい フィクションながらも弱肉強食の世界が伝わります。  投稿日:2018/10/03
おっと あぶない!
おっと あぶない! 著: サトウ マサノリ
出版社: パイ インターナショナル
最初のページで、「むかしのわしらはこんなふうじゃった」
衝撃が走りました。
何何?今はどうなっているの?
と表紙がかえるだったのに、まさかこれがカエルになるとは結びつかず読み進めました。

あとがきのページにも書いてあるように実際の進化の様子とは異なりますが、それでも何となく弱肉強食、食物連鎖でなりたっているこの世界の掟など厳しい世界であるということは実際の進化と重なるところがあり、なるほどと思わせられます。
敵から身を守る為に形を変え、遠くから獲物を捕まえられるように舌をのばし、色を変え・・そうやって長い年月の間に生き残る為にどの生物も進化してきているのでしょう。

フィクションながらも、妙に説得力のあるというか、カエルも頑張って残ってきたのだなと応援したくなるような・・そんな気持ちになりました。

最後のページに一匹だけ二足歩行しているカエルがいます。
なんだか作者の遊び心?それともこの先は本当にそんな風に逃げる為に二足歩行になっていたりして・・
余韻を残す終わり方が印象的です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 表紙を見ただけでワクワク  投稿日:2018/10/03
ねるじかん
ねるじかん 作: 鈴木 のりたけ
出版社: アリス館
すずきのりたけさんの描くイラストと夜のちょっと静かで不思議な時間が妙にマッチしていて面白い絵本です。

まず表紙を見ただけでワクワクします。前髪ぱっつんの男の子が恐竜と一緒に寝ている?

え?どんな話かな?
そう思わせてページをめくらせたくなるそんなドキドキがあります。

寝かしつけの親子の図もどこの家でもあるようなそんな普通の当たり前の光景です。
お母さんの方がすぐに寝てしまっているのに‥子どもはまだ寝つけなくて夜の世界をちょっと感じているのでしょう。
そんな一人の静かな時間って子どもの時、怖かったような記憶が私の中にもあります。

ちょっとだけ怖いような・・でも不思議な夜の世界を感じたいようなそんな子どもの気持ちがうまく描写されていて、きっと子どもはわかるわかる・・と思うのではないでしょうか。

夢だったのかな?それとも本当だったのかな?
最後の終わり方もなんだか余韻を残す形で良いと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 3歳児でもわかりやすい  投稿日:2018/10/03
いきもの・くらし
いきもの・くらし 編: 幼児ソフト企画開発部
出版社: 学研
このシリーズは幼稚園の3歳児でも図鑑の導入としてとっても良いと思います。
勿論、本物の重たい図鑑もいいのですが、このシリーズはページも少なめでカラーで見やすい。写真がメインで3歳児の身近な動物が載っています。

こちらは動物と言っても日本の動物たちに絞られていてさる、きつね、たぬき、かえるなどといった生き物が出てきます。

知りたいなという子どもの知的好奇心を満たす絵本です。
子どもが関心を持ちだしたら、まずはこういうわかりやすいものから与えてやると良いのではないかと思います。


シリーズで揃えたいなと思う図鑑です。
参考になりました。 0人

1573件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット