あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

Jellyfishさんの公開ページ

Jellyfishさんのプロフィール

パパ・30代・神奈川県、男4歳 男0歳

Jellyfishさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う こどもがじぶんでよみたがりました  投稿日:2002/04/22
やちゃいぽのだれだろな
やちゃいぽのだれだろな 作: 井上 洋子
絵: 童きみか

出版社: (不明)
長男が1才の頃、読み聞かせていたら字が読めなくても暗唱するようになりびっくりした思い出があります。キュウリのきゅうたくんのところに友達のなすろう、きゃろこ、とまっこが遊びに来て、最後に大きなすいかのかっちゃんが遊びに来ますが、大きすぎて家に入れないので、「それなら外でみんなであそぼう」という場面でおわるところなど、問題が起きても他の方法でみんなが楽しくなれるということを教えてくれて、良く考えてあるなと感心しました。短い文章の中でいろいろなことを子供に教えてくれたと思います。次男にもこの本を読んであげようと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こどもに歯磨きさせるときよく効きました  投稿日:2002/04/22
がんばれはぶらしハーマン
がんばれはぶらしハーマン 作: 木村 裕一
絵: 田中 四郎

出版社: 偕成社
寝る前に甘い物を食べた男の子と歯をしっかり磨いて寝るお姉ちゃん。いうことをきかない男の子が夢を見ます。夢の中では男の子とお姉ちゃんの顔が宇宙の星になっていて、いじわるが好きな宇宙怪獣ムッシーがやってきます。ムッシーが男の子の星の甘いにおいに誘われて、歯に穴をあけるコムッシーをはきかけていじめ出すと、そこへ宇宙戦士はぶらしハーマンが登場! 助けてくれるかと思ったらコムッシーが大きくなり過ぎてハーマンもお手上げ。ところがお姉ちゃんの方へはきかけられたコムッシーは大きくなれないのでハーマンもらくらく退治。そこでひとこと、「わたしはいつでも、ぴかぴかよいこの味方なのだ」。このあと子供に「ハーマンはぴかぴかじゃない良い子の味方じゃないんだね、どうする?」と言ったら、素直に歯磨きするようになりました。
それから、しかけ絵本だということもあり、子供のお気に入りです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何度も読んでとねだられました  投稿日:2002/04/22
さるかにばなし
さるかにばなし 作: 卯月泰子
絵: 成田 マキホ

出版社: 永岡書店
お馴染みのさるかに合戦ですが、絵がアニメみたいで馴染みやすく、カニが助かったり、最後にサルが仲直りして皆で仲良く柿を食べるなど、親としても安心して読み聞かせることができました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 舌を切られるというのはショックだったようです  投稿日:2002/04/22
したきりすずめ
したきりすずめ 作: 平田 昭吾
絵: 白川 忠志

出版社: ポプラ社
アニメ昔ばなしの一冊で、絵が馴染みやすいらしく、長男がよく読んで欲しいとせがんできました。すずめの舌を切られる場所はインパクトがあったらしく、前に一度ウソをついたら、したきり雀みたいに舌がなくなっちゃうよと叱ったら泣きながら謝ってました。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない ちょっと内容を省略しすぎ?  投稿日:2002/04/22
ピーターパン
作: 卯月泰子
出版社: (不明)
ピーターパンをコンパクトにまとめてあり、この話を読み聞かせるには手頃なのですが、ストーリーがとびとびで登場人物の描写が追い付いていないような感じでした。でも子供は気に入ったらしく、何度も読んで欲しいと言われました。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット