はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

あんずのママさんの公開ページ

あんずのママさんのプロフィール

その他の方・30代・東京都

あんずのママさんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 余韻がいつまでも残る絵本  投稿日:2008/10/19
あこがれの機関車
あこがれの機関車 作: アンジェラ・ジョンソン
絵: ロレン・ロング
訳: 本間 浩輔 本間 真由美

出版社: 小峰書店
20世紀初め、ミシシッピ州とテネシー州を結ぶイリノイ・セントラル線と、機関士のケーシーは、線路沿いで汗水たらして働く黒人たちの憧れだった。

線路を疾走する機関車とケーシーのならす汽笛は「ぼく」の夢をふくらましてくれる。

*****

機関車や電車、乗り物の絵本は巷にあふれているが、それらとは一線を画する。

重厚な絵と詩的な文章は、大人にとっても読み応えたっぷりだ。

反対に、子どもにはちょっと難しいかもしれない。

子どもにとっては、すっきりと分かる物語ではないかもしれないが、この絵本に出会った子どもと出会わなかった子どもでは、その後成長してから、決定的な違いが出てくるような、そんな感じがする。

だからこそ、子どもにも是非読んでもらいたい(読んであげたい)絵本だ。
参考になりました。 0人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット