新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  出版社エディターズブログ  >  戸田デザイン研究室の「これまで、これから」ーその3 (戸田デザイン研究室)

出版社エディターズブログ

2022.09.01

  • twitter
  • Facebook
  • line

戸田デザイン研究室の「これまで、これから」ーその3 (戸田デザイン研究室)

父から学んだこと。

今から遡ること40年。
フリーデザイナーとして様々なデザインを手がけていた戸田幸四郎(1931-2011)が、『あいうえおえほん』という一冊の絵本を作ったことから始まった戸田デザイン研究室。

以来、“デザインの美しさ・楽しさで子どもたちの感性・好奇心を育む”という考えを大切に、妥協のないモノ作りを続けてきました。

『国旗のえほん』『地図絵本シリーズ』や『リングカード・シリーズ』をはじめたくさんのロングセラー作品に恵まれ、近年では職人さんと一緒に作った木の玩具やプロダクトデザイナーと作ったカードゲームなど幅広いモノ作りを展開しています。

長い間、会社の歩みや考えについて語ったことはほとんどありませんでしたが、父である戸田幸四郎亡きあと、代表を務める戸田靖が様々なエピソードを交え、戸田デザインの「これまでとこれから」について語ったインタビューを全4回に分けてお届けします。

「その3」では、戸田靖が感じた戸田幸四郎のモノ作り、そして戸田デザイン研究室の出発点について振り返ります。
ぜひご一読ください。

 ※2018年12月のインタビューです。  (聞き手:広報 大澤千早)

父との仕事で見えたもの。

ーー 戸田さんご自身はいつ頃から幸四郎さんと仕事をされたんですか?学生時代から手伝いをしていたと伺いましたが。

戸田 :  手伝いを始めたのは幸四郎が『あいうえおえほん』を作って、5000冊の本が自宅にドカーンとやってきた時ですね。私が20歳、大学生の時です。

ーー 5000冊がいきなりご自宅に!

戸田 :  うん(笑)。もう家中、本だらけよ!ウチはこれから、これを売って食べていくのか?と思いましたね。とにかく売るしかないから、まず母が車に積んで幼稚園に売りに行きました。私も見よう見まねで行かされて…。

ーー いきなりの営業ですね。しかも飛び込み営業!売れましたか?

続きはコチラから

国旗デザインから世界が見える!

  • 国旗のえほん

    ベストレビュー

    一緒に勉強? 
    息子が2才の誕生日に買いました。「国旗の絵本」というもので、ページ一面に国旗がいろ鮮やかにプリントされていて、下に国名が書いています。色がカラフルなので見てるだけで楽しく、勉強ではなく絵として頭にすっと入るようです。こちらも見ながら国旗ってこんなにも美的なものだったのかと感心しました。国旗を目にする事が多く、日本は覚えたようです。
    (ゴウママさん 20代・大阪府三島郡  男2歳)

ぜんぶ大きい、ぜんぶのってる。

  • 完全版・国旗のえほん

    出版社からの内容紹介

    すべての国の国旗が全部大きく載った、まさに「完全版」。この国旗の大きさで世界のすべての国旗を紹介する本は、この本以外、どこにもありません!

    どの国も平等に1ページに1つずつ国旗を紹介した、大胆で贅沢なレイアウト。今までわからなかったデザインの細部や色合いまで、しっかり伝わります。

    さらに【国旗のデザインの意味】【日本語正式名】【英語正式名】【首都名】【人口】【面積】【おもな言語】【日本との時差】【正式なタテヨコ比率の国旗】【その国の位置を示す世界地図】【その国の楽しいミニ紹介】まで。ひとつの国を知るのに必要な、こんなにたくさんの情報が、見やすく・わかりやすく・スッキリと載っています。1冊読み終える頃には、まるで世界一周の旅をしたような気持ちになるでしょう。
    (※情報は都度更新しています)

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック
可愛い限定商品、ゾクゾク♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット