新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  長すぎると、どうなるの?『へびながすぎる』【NEXTプラチナブック】

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2022.09.19

  • twitter
  • Facebook
  • line

長すぎると、どうなるの?『へびながすぎる』【NEXTプラチナブック】

絵本ナビがおすすめする「NEXTプラチナブック」(2022年8月選定)から、ご紹介する一冊はこちら!

へびを、へびと気づかず楽しく遊ぶ動物たち。だって、そのへび……ながすぎる!? 毎月発売される新作絵本の中から、絵本ナビが自信をもっておすすめする「NEXTプラチナブック」。今回ご紹介するのは、『へび ながすぎる』です。いったいどんな内容なのでしょう。

NEXTプラチナブックとは…?

絵本ナビに寄せられたレビュー評価、レビュー数、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

そして、毎月発売される新作絵本の中からも、注目作品を選びたい! そんな方におすすめするのが「NEXTプラチナブック」です。3か月に一度選書会議を行い、「次のプラチナブック」として編集長の磯崎が自信を持って推薦する作品を「NEXTプラチナブックメダル」の目印をつけてご案内します。

長すぎると、どうなるの?『へびながすぎる』

大なわとびに、ターザンごっこ!?

  • へび ながすぎる

    みどころ

    緑色のぐにゃぐにゃした、ホースみたいに長いもの。誰もこれが「へび」だなんて気がつかない。だって、いくらなんでも……長すぎるもの。

    ねずみは「えっチュら おっチュら」と持ち上げてすべり台に。うさぎは「よいしょ よいしょ」で大なわとび。ゴリラは「ウッホ ウッホ」のターザンごっこ! なるほどみんな上手に遊びます。でも誰もこれがへびだなんて気がつかない。

    どんどんみんなが集まってきて、あれ、気づいたかな? と思ったけれど。やっぱり誰も気づかない。確かに長すぎるものね、気づかないのも仕方がない。そんな風に笑いながら読んでいると、最後に驚くどんでん返しが待っていた!?

「へび ながすぎる」。それだけのテーマで、こんなおかしな絵本が誕生してしまいました。作者のふくながじゅんぺいさんによると、故郷の静岡県藤枝市の作家、小川国夫さんの書画「蛇長過ぎる」を見て、ハッとしたのだそう。あたり前に見ていたけれど、確かにヘビは生き物としては長すぎる、なんて芯を食った一言だろう、と。

ヘビは長いもの。それは知っているつもりだったけど、確かに頭もしっぽも見えなかったら、これはもうただの丈夫な長い「ひも」。

曲げてみたり、滑ってみたり、ぐるぐる巻きにしてみたり。みんな、なんだかわからないままに、でも特性を上手に利用しているのが可笑しくてたまらない。可愛くてユーモラスに描かれる動物たちも魅力的。気づいている方は、いつ気づくのかというハラハラする楽しみも重なって。

……でも、本当にあなたは気づいている方なのでしょうか? 読み終わってみれば、「してやられた」と思いながらもスッキリ爽快な気分になるのです。横にながーいこの絵本、気になった人はぜひ読んでみて! 

編集長のおすすめポイントは……

どんな風に読むのかな

子どもたちにしてみれば、へびだってわかっていても一緒に遊びたくなるものなのか。あるいは、わかっているからこそ、ずっとハラハラしっぱなしになってしまうものなのか。どんな風に読んでいるのかは、その子によって全然ちがうのかもしれませんよね。単純明快、シンプルで気持ちのいい絵本だけれど、実はちょっと奥深い。読んでいる子どもたちの様子も含めて楽しめる一冊なのではないでしょうか。

この書籍を作った人

ふくなが じゅんぺい

ふくなが じゅんぺい (ふくながじゅんぺい)

静岡県出身 イラストレイターとしてコラージュを用い、書籍や広告で活動。「うわのそらいおん」(金の星社)で絵本作家デビュー。 同著で第6回静岡書店大賞受賞。 その他の著書に「しろちゃんしろねこおしゃれずき」(絵本塾出版) 「へんしん!いろいろれっしゃ」(交通新聞社)「おててだあれ?」(角川書店)など。

磯崎 園子(いそざき そのこ)

絵本情報サイト「絵本ナビ」編集長として、絵本ナビコンテンツページの企画制作・インタビューなどを行っている。大手書店の絵本担当という前職の経験と、自身の子育て経験を活かし、絵本ナビのサイト内だけではなく新聞・雑誌・テレビ・インターネット等の各種メディアで「子育て」「絵本」をキーワードとした情報を発信している。著書に『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)がある。

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット