季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  体験型絵本シリーズ創刊! 「Big Book」シリーズ『うらしまたろう』『おおきなかぶ』体験レポート

体験型絵本シリーズ創刊! 「Big Book」シリーズ『うらしまたろう』『おおきなかぶ』体験レポート

360°Book」や「パラパラブックス」など、新しいビジュアルの本を出版し、私たちに本の魅力や楽しさを伝え続けている出版社・青幻舎。青幻舎が新しくリリースした「BigBook」シリーズは、広げると1m以上の大きさを持つ、体験型絵本です。今回は、「BigBook」シリーズの魅力をお伝えするとともに、実際にお子さんたちに「BigBook」で遊んでもらった様子をレポートします。

特徴@ 広げると1m以上! お子さんが上に乗って遊べます。

その名の通り、ビッグサイズであることが、このシリーズの一番の特徴。大きさは1m以上。小さなお子さんは、「BigBook」の上に寝転がることもできます。


「うらしまたろう」は横1025mm×縦1025mm


「おおきなかぶ」は横594mm×縦2050mm

特徴A 耐水性、耐久性バツグン!

特殊な紙に印刷しているため、水などの液体を弾きます。

また、耐久性にも優れていて、子どもが思う存分遊べるタフなつくりになっています。


グシャグシャにしても……


広げると元通り!

(撮影:多田ユウコ)

特徴B 第一弾、第二弾は、誰もが知っているあの名作昔話が英訳付きで登場!

『うらしまたろう』と『おおきなかぶ』という、子どもたちの多くが知っている昔話が取り上げられています。 おじさんが育てたカブの大きさや、浦島太郎が乗ったカメがリアルな大きさに!  英語訳もついているので、グローバルな楽しみも広がります。

「BigBook」シリーズの斬新さ、面白さを感じていただけたのではないでしょうか。
次のページでは、実際に子どもたちに遊んでもらった様子をレポートします。

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


4月の新刊&オススメ絵本情報
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪

作品紹介

全ページためしよみ
年齢別絵本セット