新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  0歳から楽しめるレオ・レオニのファーストブック『あそぼうよ』<ブランニュープラチナブック>

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2021.07.14

  • twitter
  • Facebook
  • line

0歳から楽しめるレオ・レオニのファーストブック『あそぼうよ』<ブランニュープラチナブック>

絵本ナビがおすすめする「ブランニュープラチナブック」(2021年6月選定)からご紹介

ブランニュープラチナブックとは……?

絵本ナビに寄せられたレビュー評価、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

「ブランニュープラチナブック」は、1900万人の絵本ナビ読者の評価と販売実績を得て、新しく「プラチナブック」に仲間入りした注目の人気作品。作品を推す読者のコメントを読むと、選ばれた理由がわかります。そんな2021年6月のニューフェイスを、読者の声と共にに紹介します。

  • あそぼうよ

    出版社からの内容紹介

    レオ=レオニが赤ちゃん向けに作ったボードブックタイプの絵本。2ひきのねずみが「おはよう」から「おやすみなさい」まで1日いろいろなことをしてあそぶようすを描いています。

みんなの声より

文字も少なく、かわいらしくて、0歳の娘に読むのにちょうどいい絵本でした。2匹のねずみさんが一日をどうやってすごそうか考えている様子がとってもかわいらしく、また背景の絵も自然で温かみのある色合いです。娘は4カ月なので色がはっきりしているほうがわかりやすいのか、カラフルなボールのページや、黒が基調になっている夜のページにより反応しているようでした。

(かよひこさん 20代・ママ)

「スイミー」「フレデリック」「あおくんときいろちゃん」で有名なレオ・レオニの赤ちゃん本です。
レオニの創造性にとんだコラージュの魅力が、この絵本でもしっかり味わえます。赤ちゃん絵本ですが、その芸術性に大人も楽しめる絵本だと思います。白い台紙の上で様々な遊びを繰り広げるねずみ達がとても可愛く、内容も分かりやすいので、赤ちゃんもきっとお気に入りの一冊に。レオニの作品にはねずみが出てくるものが多いので、この本をスタートにすれば、他の作品にも親しみやすいと思います。0歳〜3歳頃にオススメします。プレゼントにもきっと喜ばれますよ!

(カトリームみどりんさん 30代・ママ)

自由なカンジがいいです☆
「おはよう!」と目覚め、「あれもしようかな?」「これもしようかな」「あっちもいいな!」「こっちもいいな!」「なんだか おなかがすいたな……」そして、「おやすみなさい」。
何に縛られることもなく、好奇心の赴くままに……。あかちゃんの頭のなかって、きっとこんなカンジ。ホッとひと息つける絵本です。

(しゅうくりぃむさん 40代・ママ)

この書籍を作った人

レオ・レオニ

レオ・レオニ (れおれおに)

1910年オランダ アムステルダム生まれ。イラストレーター、グラフィックデザイナー、および絵本作家として、米国でもっとも活躍した芸術家のひとり。「あおくんときいろちゃん」(至光社刊)「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」「さかなはさかな」「うさぎをつくろう」「じぶんだけのいろ」(以上好学社刊)などの作品がある。1999年没。

レオ・レオニ 作品一覧

この書籍を作った人

谷川 俊太郎

谷川 俊太郎 (たにかわしゅんたろう)

1931年、東京に生まれる。高校卒業後、詩人としてデビュー。1952年に第一詩集『二十億光年の孤独』(創元社)を刊行。以後、詩、絵本、翻訳など幅広く活躍。1975年日本翻訳文化賞、1988年野間児童文芸賞、1993年萩原朔太郎賞を受賞。ほか受賞多数。絵本作品に『ことばあそびうた』(福音館書店)、『マザー・グースのうた』(草思社)、『これはのみのぴこ』(サンリード刊)、『もこもこもこ』(文研出版)、「まり」(クレヨンハウス刊)、「わたし」(福音館書店)、「ことばとかずのえほん」シリーズ(くもん出版)他多数の作品がある。翻訳作品も多数。

谷川俊太郎 作品一覧

出版社おすすめ

  • たまねぎぼうや
    たまねぎぼうや
     出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
    たまねぎぼうやはのんびりやさん。突然かいじゅうが出てきて、さあたいへん!


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット