話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『てあらいまんと うがいひめ』『ルルロロのてあらいだいすき!』同時刊行記念!絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

戦いが苦手な子に向けて、作ったてあらい絵本が『ルルロロのてあらいだいすき!』です。

───『てあらいまんと うがいひめ』の発売と同じくして、『ルルロロのてあらいだいすき!』も出版されますね。『てあらいまんと うがいひめ』と『ルルロロのてあらいだいすき!』は、どちらも「てあらい」をテーマにした絵本ですが、同じ「てあらい絵本」なのに、受ける印象が違うことにビックリしました。どちらのおはなしが先に浮かんだのですか?

『てあらいまんと うがいひめ』が先です。書いた後に「あまり戦いとか好きじゃない、やさしい女の子とかもいるよなあ」と思って、そういう子たちを応援するかわいい絵本もほしいなあと思って、作りました。

───『ルルロロのてあらいだいすき!』は、小さい子どもたちにも人気の「ルルロロ」が主人公。お水をジャーっとかけてブルブルって振るだけのてあらいに「私と同じだ!」と共感するお子さんも多いと思いました。ルルロロちゃんを主人公にして、「てあらい絵本」を書こうと思ったのは、なぜですか?

ルルロロは、まさに等身大の普通の子どもです。「てあらい」もめんどくさいから嫌いです。手に水をちょっとかけておしまいです(笑)。どこの家庭でもみんなそんな感じじゃないでしょうか。そういう子が、おばあちゃんのアイデアで「てあらい」をどんどん好きになるお話なので、同じような年頃の子どもたちにとっても、自分もルルロロみたいに「てあらいやってみよう、楽しそう」と挑戦してもらえたらいいなと思って作りました。

───おばあちゃんの考えたお歌もとてもかわいいです。歌を入れようと思ったのはなぜですか? また、歌詞を考えるときは、実際に歌ってみたりされるのでしょうか?

全国のママたちが子どもたちに「てあらい」をさせるためにいろいろ知恵を絞っているという話を聞いて、そのアイデアの中にママが歌を作って、子どもと一緒に歌うというものもありました。

歌ってる間は手を洗うので、ちゃんと時間をかけて長く洗えるという効果があります。ルルロロはアニメでもいつも歌ってますし、ぴったりだなと思ってストーリーに入れました。もちろん、いろいろ歌ってみながら作りました。

───ルルロロちゃんはアニメーションも人気ですが、絵本のおはなしを考えるときと、アニメの違いはどんな所にありますか? 絵本を作るときに気を付けていることなどありますか?

ぼくの中にいるルルロロはどちらも変わらず、いたずらでおしゃべりで元気な女の子ですが、絵本の場合は、できるだけシンプルに、ふたりの魅力を凝縮するように心がけています。絵もアニメよりもあたたかいタッチになるように意識しています。


『ルルロロのてあらいだいすき!』のラフも見せていただきました。(作画:まついくみさん)

───とってもそっくりなルルロロちゃんですが、実はこんなところが違うんです! という部分はありますか?

ルルのほうがお姉さんなんで気が強くて、おてんばです。一緒に話すときも先に話し出すのは必ずルルです。ロロは実は少しおっとりしていて、おとなしいです。アニメだと、話し方も少しやさしいです。今度じっくり聞いてみてください(笑)。

───この絵本の中であいはらさんが特に好きなルルロロちゃんの仕草、表情はどこですか?

やっぱり歌を歌っているページの表情やポーズがかわいいですよね。ほんとに楽しそうです。なので、表紙にも同じ表情のルルロロを使いました。

2020年に「ひとり出版社」を立ち上げました!

───あいはらさんは、2020年に出版社「サニーサイドブックス」を立ち上げられました。絵本ナビでは多くの出版社さんとお付き合いをしていますが、おひとりで出版社を立ち上げるというのはとても大変なことだと思います。
ひとり出版社を立ち上げようと思った経緯を教えてください。

以前から、自分の絵本を最初から最後まで自分で作ってみたいという思いはありました。
絵本を作るだけじゃなくて、それを書店さんに紹介したり、置いてもらったり、そういうことまで全部自分でやれたら大変だけど楽しいだろうなと思っていたんです。それが、自分が愛情をかけて作った本への責任というか。それと、ちゅうがんじくんのような新人の画家にチャンスをあげることもしたかったですね。今、出版社も冒険をしたがらず、なかなか新人は使ってもらえないので。西部劇風なんていう企画も既存の出版社ならNGでしょう(笑)。自分がやりたい企画を思う存分やれるのが何より楽しいですね。

───「サニーサイドブックス」というお名前がとてもオシャレで素敵だと思いました。どうしてこの社名(屋号?)にしたのか、理由を教えてください。

サニーサイドは、僕の中では「ひなたぼっこ」という意味です。縁側でのんびりひなたぼっこするみたいな、そんな気持ちのいい絵本作りがしたいなあ、というつもりで名づけました。小さい頃、家に縁側があって、そこでよくひなたぼっこしたんですよ。ほんと、気持ちよかったです(笑)。

───現在、「サニーサイドブックス」では3冊の絵本を出版されていますね。実際に本を出版してみて、出版という仕事に対して、想像と違っていた部分や、発見などはありましたか?

出版社さんのご苦労がよくわかりました(笑)。
でも、こんなに夢のある仕事なんだなあというのも改めてよくわかりました。絵本に限らず、どんな本だって出すことができるわけだし、もしかしたら、それが世界中で読まれる大ベストセラーになるかもしれないと思うと、ワクワクしちゃいます。

───サニーサイドブックスでは、今後どんな作品を出版していきたいと思っていますか?

企画は山のようにあって、どれを先に出すか困っています(笑)。
来年は東日本大震災から10年の年なので、被災地出身の作家の責任として震災の絵本は出さなければいけないと思っています。それから、今、ベトナムの画家さんと組んで、ベトナムの出版社と絵本を作っているんですが、この絵が実にすばらしいんです。日本の画家では絶対に出せない色使いに感動しました。その絵本も日本で出したいですね。
それと、これは永遠の夢ですが、自分で絵も描いて1冊絵本を出してみたいんです。実は、いい絵描くんですよ(笑)。これなんか、既存の出版社では絶対にNGですよね。とにかく、今までにない夢のある絵本を作りたいですね。

出版社おすすめ



2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!
kodomoeの人気グッズが絵本ナビで買える♪

あいはら ひろゆき

  • 1961年仙台市生まれ。長女の誕生をきっかけに絵本作家としてデビュー。 代表作は「くまのがっこう」シリーズ(ブロンズ新社)、「はっはっはくしょーん」(カドカワ)など。 2020年には自らの絵本を出版する「サニーサイドブックス」を設立。白百合女子大学講師。

作品紹介

ルルロロのてあらいだいすき!
ルルロロのてあらいだいすき!の試し読みができます!
作:あいはら ひろゆき
出版社:サニーサイド
てあらいまんとうがいひめ
てあらいまんとうがいひめの試し読みができます!
作:たあ先生(あいはらひろゆき・ちゅうがんじたかむ)
出版社:サニーサイド
全ページためしよみ
年齢別絵本セット