話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズ 中川ひろたかさんインタビュー

ぼくは「生活科学絵本」と呼んでいるんです。

たべものたべたら
たべものたべたらの試し読みができます!
文:中川 ひろたか
絵:藤本 ともひこ
出版社:保育社

たべものたべたら、どこへいくのかな? 「ぼく」といっしょに、おなかのなかを旅しながら、「たべもの」と「うんこ」の間をつなぐ「消化のしくみ」を楽しく学べる一冊。

───中川さんは以前にも『歯がぬけた』(絵:大島妙子、出版社:PHP研究所)や『へそのお』(絵:石井聖岳、出版社:PHP研究所)など、からだについての絵本を作られていますよね。

「どうして月は満ち欠けがあるんだろう?」「どうして、影は長くなったり短くなったりするんだろう?」と、普段生活している中でふしぎに思うことを考えて絵本にするジャンル、僕はかってに「生活科学絵本」と呼んでいるんだけど、「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズも、このジャンルのひとつだと思っているんだよね。メディカ出版さんが、ぼくに原稿をお願いしてくれたのは、からだに関することを、専門的な言葉ではなく、日常のなかから切り取って作品にしてほしいからじゃないかなと思ったんです。

───シリーズ1作目の『たべものたべたら』のテーマは「消化」。うんこの場面からはじまるのが、さすが中川さん!と思いました。

やっぱり、うんこをするととうもろこし、出てきますよね(笑)。子どもたちにも、そういうこと「あるある!」って、気づいてほしいのね。今回、どのシリーズにも身近なエピソードを載せているんですよ。

───うちの息子も小さいころ、大きいうんこが出ると、すごく嬉しそうに報告してくれていました。

ぼくなんて、今でもそうだもんね(笑)。この絵本に出てくるおじいちゃんのエピソードはぼく自身のものです。

───身近なエピソードから絵本の世界に入っていけるので、からだについての知識や情報が自然に入ってくるところが、読んでいてとてもおもしろく感じました。
でも、こういう形にすることは大変ですよね。

そうなの!ものすごいテクニックなんだよ!(笑)。

───医学的な内容に関して、出版社さんから監修が入ったりしたのですか?

人体のふしぎについて、専門用語がたくさん出てくる絵本にはしたくなかったので、難しい表現は意識的に避けました。でも、分かりやすい文章にすると、説明すべき内容からどんどん離れてしまう恐れもあったので、テキストを書いた段階で、担当編集者さんに見てもらって、表現についての確認を取りました。ぼく自身は絵本としての流れを大事にしつつ、難しい言葉を使わなきゃいけないところをできる限り少なくする。例えば「消化」という言葉は使わず、「ドロドロにとかす」とわかりやすい表現を探したりしました。

───『たべものたべたら』の絵を担当したのは、『しーらんぺったん』(出版社:世界文化社)や『すっぽんぽん』(出版社:世界文化社)などで中川さんとの共著も多い、藤本ともひこさん。藤本さんに絵をお願いした理由はありますか?

ぼくは絵本を作るとき、ほとんど絵描きさんの指定はしないんです。今回もメディカ出版の皆さんが、それぞれ好きな絵本作家さんの候補を挙げてくれて、依頼をして、それがほとんど決まっているの。これって普通のように思いますが、実はかなりすごいことなんですよ。

メディカ出版:藤本さんの描いた『すっぽんぽん』のおしりの絵がとてもかわいくて大好きだったので、中川さんの原稿をいただいたとき、真っ先に藤本さんの(描く)おしりが思い浮かびました。それと、消化は口から肛門までの長い旅なので、絵によっては単調になりがちです。勢いよく旅をするイメージで藤本さんにお願いしました。

───おなかの中を潜水艦で移動しているところなんて、まさに冒険という感じですよね。



30年以上前に発想していた? 貴重な制作メモ公開!

ぼくの手 わたしの手
ぼくの手 わたしの手の試し読みができます!
作:中川 ひろたか
写真:斉藤 美春
出版社:保育社

人とつながり、ものをつくり、メッセージを伝える手。 さまざまな手の表情を感じとり、つないだ手から伝わってくる「なにか」を発見できる1冊です。

───2作目の『ぼくの手 わたしの手』はモノクロの写真を使った、とても美しい1冊ですね。

実は、この絵本の構想は30年以上前、ぼくが絵本作家になる前から考えていたんだよ。

───そうなんですか!?

今日、当時書いていたノートを持ってきたんだけど、日付が1980年10月。ぼくが絵本作家になったのは1994年だから、それより14年も前。20代の頃のメモだね。そのときのタイトルは『あの手、この手』だったんだ。

───すごく貴重な資料ですね。そのときから手をテーマにしようと思っていたんですか?

そうなんだよね。なんとなく、絵本を作るなら最初は「手」について描きたいな…って。単純に手が好きだったのと、手は面白いと思っていたから。あと、当時、芥川賞作家の清岡卓行さんの『手の変幻』というエッセイを読んで感動したことがあった。その影響から、「手」をテーマに選んだのかもしれないね。
それでまず、思いつくままに文章を書き出して、それを分類していっているんだね。「そば屋の出前、ハンドルを握る、そばを食べる」…なんてのや、「ギター、ピアノ、オーボエ」。「切符を切る手」…これなんて時代を感じるよね(笑)。
今回の『ぼくの手 わたしの手』では、このノートも参考にしながら、新たに文章を構成しなおしました。


30年前の貴重な制作ノートを見せてもらいました!

───30年も温めてきた作品が発売されるのは、中川さん自身にとってもはじめてのことではないですか?

そうなんだよ。実現したってことだけでもそれも大変な喜びで。しかもこの作品のアイディアメモ、途中からぼくの奥さんの字になってるんだ。ぼくが言ったことをメモしてくれてたんだな…。80年はちょうど結婚した年だから。個人的なことだけど奥さんにとっても、結構思い出深い作品なんじゃないかと思うんだよね。

───「手をテーマに…」とおはなしが来たときは、かなりドキッとしたんじゃないですか?



きたかな〜〜〜(ドヤ顔)」って(一同笑)。

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん
可愛い限定商品、ゾクゾク♪

中川ひろたか(なかがわひろたか)

  • 1954年埼玉県大宮市生まれ。日本ではじめての男性保育士として、5年間千早子どもの家保育園に保父として勤務。1987年、みんなのバンド「トラや帽子店」を結成。リーダーとして活躍。「みんなともだち」「世界中のこどもたちが」などは、たくさんの子どもたちに歌われている。1995年「さつまのおいも」(童心社刊)で絵本デビュー。「たなばたプールびらき」他ピーマン村の絵本シリーズ(童心社刊)、「わりとけっこう」(絵本館刊)などの作品がある。絵本「ないた」で日本絵本賞受賞。絵本作家、詩人の他にも、ラジオDJなど、多方面で活躍中。

作品紹介

たべものたべたら
たべものたべたらの試し読みができます!
文:中川 ひろたか
絵:藤本 ともひこ
出版社:保育社
ぼくの手 わたしの手
ぼくの手 わたしの手の試し読みができます!
作:中川 ひろたか
写真:斉藤 美春
出版社:保育社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット