新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズ 中川ひろたかさんインタビュー

───「おなか」と「て」の発売が7月初旬、そして秋以降にはシリーズ3作目、4作目も続けて発売が予定されていますが、テキストはすでに上がっているんでしょうか?

もう書きあがっていて、絵描きさんに渡っています。このシリーズで、一番最初に書きあがったのが「あし」なんです。「あし」は早かったですよ〜。編集部の人と打ち合わせした次の日には原稿が出来上がってましたから。

───すごい!そんなに早く原稿が完成することもあるんですね。

やっぱり、その気になるかならないかでスピードって変わるんだよね。「あし」は、打ち合わせの翌朝、布団の中でストーリーを考えて、で、パジャマ姿のままパソコンに向かって色々文章を書いていると、「運動会のかけっこで」ってフレーズが出てきた。そうしたら後は、早かったんだよね。

メディカ出版:中川さんに企画のお願いをしに伺って、次の日、お礼のメールをお送りしようとしたら、すでに原稿が届いていて本当にビックリしました!私たちがぼんやりとお伝えしたテーマで、イメージした通りのストーリーを書いていただき、当たり前ですけど、プロの方はすごいなと思いました。

───足のおはなしでのエピソードは何かありますか?

「一日の終わり、足にお礼のマッサージ。」この一文はどうしても入れてほしいと言われたんです。だからここは、メディカさんのページだね(笑)。手の成長と同じくらい、足の成長によって、できることが広がっていくんだよね。赤ちゃんはハイハイからつかまり立ちができるようになって、自分の足で立つようになる。走ったり、自転車をこいだりすることで、子どもの世界がぐんと広がっていく。そういう成長を描いています。
そして、「ほね」はスズキコージさん。これがまた素晴らしいね!ラフがもう、すごい!!

───スズキコージさんとお仕事するのは初めてですか?

そう。決まったときに「本当にいいの?」って聞いちゃったくらい(笑)。よく受けてくれたよね。文章を書くとき、どんな絵がつくか必ずイメージしながら書くんだけど、スズキコージさんは想像を超えてくるよね。こういう人が天才なんだって震えがきました。

───スズキコージさんに絵をお願いしようと思ったのは何故ですか?

メディカ出版:骸骨や骨には、色のない、モノクロのイメージがあると思うんです。そこであえてカラフルな色を使うことで、骸骨や骨という言葉の響きから連想される滑稽さ、不気味さといったイメージをも楽しく表現できればという思いから、スズキコージさんにお願いしました。スズキコージさんは、メキシコの骸骨を思わせる、明るく陽気なラフを見せてくださり、原画が出来上がるのが本当に楽しみです。

孫の央くんは2歳になりました!

───以前、絵本ナビに来ていただいてインタビューをしたとき、まだお孫さんが生まれる前だったんですよね。

もうそんなに経つんだね。孫の央(おう)くんは今年、2歳になりました。

───中川さんにとって、央くんはどんな存在ですか?

……孫(一同笑)。
愛おしいよね。

───一緒に絵本を読むことも多いですか?

あんまり会うことがないんだけど、会ったときは、絵本、読むよ。央くんはすでに、『あった あった』と『あんよ あんよ』(絵:ささめやゆき、出版社:あかね書房)の2作で絵本デビューをしているんだけど、『ぼくの手 わたしの手』に出てくる、おじいちゃんと孫が手をつないでいる場面も、ぼくと央くんの写真が採用されてるんだよ。

───祖父と孫の初共演ですね!

すごい可愛いって評判なの(笑)。手をつなぐと何かが伝わる感じがするじゃない。孫ができてはじめて手をつないだとき、「あ、伝わっているかも」と思えたんだ。同時にぼくの中にも央くんから何かが伝わっているんだよね。

───「祖父と孫」は「父親と息子」とも「母と娘」とも違ったふしぎな関係というか、特別な雰囲気がありますよね。最後になりますが、「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズをどんな風に楽しんでもらいたいですか? 

この絵本を読めば、人間のからだがどんなにすごいかきっと分かると思います。本当にすごいんです!自分のからだ、大事にしようって話にもなるわけです。その最初のきっかけに、この絵本シリーズがきっと必ず役に立つのでありましょう!

───力強いアピール、ありがとうございます。私も健康に気をつけて、頑張っていきます!

(取材協力) 鎌倉の絵本とうたのカフェ SONG BOOK Café

中川ひろたかさんがオーナーを勤めるカフェ。店内には中川さんの絵本やCD、最新イラスト、さらに、オーナーイチオシ絵本作家さんの絵本、グッズなどが購入できます。
カフェではおいしいコーヒーや紅茶、ランチもいただけます。

営業日:毎週木曜日〜月曜日
休業日:毎週火曜、水曜日。週2休
営業時間:11:00〜17:00
住所:〒248-0015 神奈川県鎌倉市笹目町6-6 大栄ビル1階
電話:046-725-0359(電話、FAX共通)
e-mail: info@songbookcafe.com

 class=

絵本では文章を担当されることが多い中川ひろたかさんですが、最近、絵を描くことにも興味を持っているとのこと。2013年4月には表参道にあるPinpointGalleryで初の個展を行いました。
会場の様子をチラッとご紹介します!

インタビュー: 磯崎園子 (絵本ナビ編集長)
文・構成: 木村春子(絵本ナビライター)

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット

中川ひろたか(なかがわひろたか)

  • 1954年埼玉県大宮市生まれ。日本ではじめての男性保育士として、5年間千早子どもの家保育園に保父として勤務。1987年、みんなのバンド「トラや帽子店」を結成。リーダーとして活躍。「みんなともだち」「世界中のこどもたちが」などは、たくさんの子どもたちに歌われている。1995年「さつまのおいも」(童心社刊)で絵本デビュー。「たなばたプールびらき」他ピーマン村の絵本シリーズ(童心社刊)、「わりとけっこう」(絵本館刊)などの作品がある。絵本「ないた」で日本絵本賞受賞。絵本作家、詩人の他にも、ラジオDJなど、多方面で活躍中。

作品紹介

たべものたべたら
たべものたべたらの試し読みができます!
文:中川 ひろたか
絵:藤本 ともひこ
出版社:保育社
ぼくの手 わたしの手
ぼくの手 わたしの手の試し読みができます!
作:中川 ひろたか
写真:斉藤 美春
出版社:保育社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット