新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『しろうさぎとりんごの木』石井睦美さん、酒井駒子さんインタビュー

───知らないことがたくさんあって、毎日が「はじめて」であふれている。明日に楽しみなことがあると思うと嬉しくて仕方がない。「えらい」って言われたくてもう一度聞きかえす。 そんなしろうさぎの子の様子からは、たくさんの「しあわせ」が伝わってきます。 石井さんの考える、小さな子どもにとっての「しあわせ」。例えばどんなことだと思われますか?

愛してくれるひとがいること、安心して暮らせる場所があることです。

───例えば今晩早く寝れば、明日が早く来る・・・と思っていたり。お母さんからの質問に「ほんとうの答え」と「うその答え」を用意していたり。この絵本の中には、ささいな行動だけれど、びっくりするくらい可愛らしい仕種や会話がたくさん出てきます。こんな発想はどこから思いつかれるのでしょうか?

わたしが子どもだったころのこと、娘が小さかったころのこと、それからいまこころのなかに浮かぶこと、それらでできています。

───石井さんが、「子どもって可愛いなあ」と思う行動、仕種を教えていただけますか?

たったいま目にしたこと、思ったことがそのまま言葉になって出てくるとき、かわいいなあと思います。

───『しろうさぎとりんごの木』の酒井さんの絵を初めてご覧になった時の感想をお願いします!

ずいぶん待って、担当のOさんの「ご無沙汰しました。朗報です」という第一声を聞いたとき、ラフができたんだと思ったのですが、そしたら、なんと完成原画が仕上がっていて……感動以外のなにものでもありません。ああ、この子こそ、しろうさぎだ。おかあさんだ。しろうさぎの家はそうそうこれこれ。そんなふうでした。

───完成して、改めてどんな絵本になったと感じられましたか?

酒井さんの絵に対する感想と同じになってしまいますが、格調高く愛らしい絵本だと思います。

───好きな場面はどこですか?

眠れなくて、ベッドでもぞもぞしている場面。
おかあさんに抱かれてりんごの木を見上げるしろうさぎのおしり。

───最後に酒井駒子さんへのメッセージをお願いします!

ちいさなうさぎのささやかだけれど――ささやかだからこそ全き幸福な時間を、あますことなく描いてくださって、ほんとうにありがとう。



───酒井さんにとって、この作品の制作のスタートは石井さんのテキストを読まれた時だと思います。往復書簡でも書かれていましたが、改めて石井さんの書かれたお話を読まれた時の感想を教えていただけますか?

言葉に独特の調子があって、それがお話の甘やかな世界と相まって素敵だな、と思いました。

───テキストを読まれてから、酒井さんの中でどのように消化されて作品に仕上げていくのでしょうか。
また、作品のために取材をされたりするのでしょうか?

ぼんやりと、だんだんと描きはじめていきながらイメージが固まっていきます。
りんごの木を見に行ったりもしました。

───主人公はしろうさぎの女の子!どんな子にしようと思われましたか?

小さい女の子が「〇〇ちゃん(自分のこと)かわいいでしょー」と言いながら、くるくるまわってくれた事があります。
まだほんのおちびさんが、にこにこしながら言うのでちっともイヤな感じがせず、その全肯定さに見惚れました。
周りの人に大事にされながら、くるくるまわっていたその小さな子を思いながら描きました。


貴重なしろうさぎの子のスケッチを見せていただきました!

───石井さんが「ほかに考えられないくらいぴったり」だとおっしゃっていたのがしろうさぎの家。
この家や庭を描かれる時に、具体的にイメージした場所はありますか?

子どもの頃、算数教室に通っていました。その教室の玄関のまえに青りんごの木があっ て、その木の感じや玄関のことを何となく思いだしました。

出版社おすすめ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット

石井睦美(いしいむつみ)

  • 神奈川県生まれ。
    『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞。駒井れん名義『パスカルの恋』(朝日新聞社)で朝日新人文学賞、絵本の翻訳『ジャックのあたらしいヨット』(BL出版)で産経児童出版文化賞大賞、『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞。
    作品に「わたしはすみれ」シリーズ(偕成社)、『しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ』(BL出版)、『ビックバンのてんじくネズミ』(文溪堂)、『兄妹パズル』(ポプラ社)、『愛しいひとにさよならを言う』(角川春樹事務所)、『都会のアリス』(岩崎書店)など多数。

酒井駒子(さかいこまこ)

  • 兵庫県生まれ。
    『ゆきがやんだら』(学研)はオランダで銀の石筆賞を受賞。『きつねのかみさま』(ポプラ社・作:あまんきみこ)で日本絵本賞。『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞。『ぼく おかあさんのこと...』(文溪堂)では、フランスでPITCHOU賞、オランダで銀の石筆賞を受賞。
    絵本に『よるくま』(偕成社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など多数。

作品紹介

しろうさぎとりんごの木
作:石井 睦美
絵:酒井 駒子
出版社:文溪堂
全ページためしよみ
年齢別絵本セット