もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

森田竜義

森田竜義

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ふきのとう

ふきのとう

作:甲斐 信枝  監修:森田竜義  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:2004年01月10日  ISBN:9784834019636

2件見つかりました

森田竜義さんの作品のみんなの声

  • よくわかります

    ふきのとうについて、よく知らないので読んでみました。 細かいところまでリアルに描かれた絵にひきこまれました。 めすふき、おすふきがあること、地下茎のことなど、ふきのとうについて、よくわかります。と・・・続きを読む

  • 今日 お店でふきのとうが並んでいました 春を告げる ふきのとう  てんぷらにして食べると おいしい はるの 味がいっぱい 口に広がります 雪の下から見つけた ふきのとう  感動します かが・・・続きを読む

  • 春を知らせる花

    春先に見つけて天ぷらにするととても美味しいふきのとう。春を知らせてくれる花ですが、きちんと知らなかったなぁと、この絵本を読んで感じました。 雪の中から顔を出して、つぼみをつけて、花開く。そんなふきの・・・続きを読む

  • 食べてばかりでした

     きれいなきみどり色のふきのとう。春になると、摘みにいくのがたのしみです。  けれど、ふきのとうのことを何もしりませんでした。  雄花?雌花?黄色の花?白い花?  私は観察もしないで、食べてばか・・・続きを読む

  • 勉強になりました

    畑の傍らにふきのとうが出始めて、春の訪れを感じています。 一面のふきのとうですが、実態をほとんど知らなかったので、正直勉強になりました。 ふきって結構たくましい植物なのですね。 これに、ふきのレ・・・続きを読む


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット