だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

水沢 謙一(みずさわけんいち)

水沢 謙一(みずさわけんいち)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

さんまいのおふだ

さんまいのおふだ

作:水沢 謙一  絵:梶山 俊夫  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:1985年02月  ISBN:9784834001211

1件見つかりました

水沢 謙一(みずさわけんいち)さんの作品のみんなの声

  • こういうバージョンもあるのか

    さんまいのおふだは何回も読んだことがあります。 でもこれは私が知ってる展開とは違いました。 お札を三枚持っていくところからスタートではなく、 トイレに逃げ込んだ時にトイレの神様からお・・・続きを読む

  • より親しみをもって

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    梶山 俊夫さんの絵がいいとお薦めされていたので 図書館で借りて読んでみました。 実際今新潟に引っ越してきたので、 「〜新潟の昔話〜」とあり、 より親しみをもって読めました。 ただ、地・・・続きを読む

  • こわいこわい

    昔話はいろいろ本によって異なるのですが、この本はとてもきにいっています。分かりやすいし絵も昔の世界につれていってくれるし、怖い怖いって言いながら長男は大好きなようです。ハッピーエンドじゃなくて、ちょっ・・・続きを読む

  • あんまり怖くなかった

    3歳11ヶ月の息子に図書館で借りました。 絵は独特でとてもいいと思います。 が、ストーリーは、私が親しんだ「さんまいのおふだ」より、 あんまり怖くないし、迫力に欠けるかも。 悪くはないので・・・続きを読む

  • 最後のオチ

    2歳の息子に図書館で借りてきました。 絵がちょっと怖かったのか 息子はあまり読みたがりませんでした。 確かにおばあさんが怖い顔しているし 全体的に明るい絵本ではありませんね。 寝る前・・・続きを読む


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット