だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

フランチェスカ・サイモン(ふらんちぇすかさいもん)

フランチェスカ・サイモン(ふらんちぇすかさいもん)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

あのおとなあに?

あのおとなあに?

作:フランチェスカ・サイモン  絵:デビッド・メリング  訳:小川 仁央  出版社:評論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1970年01月  ISBN:9784566003903

1件見つかりました

フランチェスカ・サイモン(ふらんちぇすかさいもん)さんの作品のみんなの声

  • 優しいおじいちゃん。

    4歳6歳の娘たちに読みました。 子犬のハリーがおじいちゃんちに行って1人で寝ようとすると、いろんな音が。そのたびにおじいちゃんを呼ぶのですが、優しく音の正体を調べてあげるおじいちゃん。何だか私が・・・続きを読む

  • タイトルどおり〜何の音?

    はじめておとまりした子犬のハリーがいろんな音を怖がって 寝られずおじいちゃんに質問をします。 最後の最後はおじいちゃんが一体なんの音だろうと おばあさんに付き添ってもらって確かめてみると …実・・・続きを読む

  • 温かい関係

    おじいちゃんの「ありゃただの・・・」がとぼけていて、 それでいて温かくていいなと思いました。 そしておじいちゃんとおばあちゃんの関係がこのおじいちゃんらしくて 微笑ましいです。 こんな祖父母が・・・続きを読む

  • 闇の色が素敵だなと思いました。主人公がいつも慣れない場所で少しの音でもびっくりしてしまう気持ちをヒシヒシと伝わってくる絵本でした。主人公の気持ちを尊重しお爺ちゃんとお婆ちゃんが問題解決に当たる懸命な姿・・・続きを読む

  • 気になるよね。

    • 橘朔夜さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    おじいちゃんちにお泊まりした日の夜。 初めて知らない部屋に一人寝るんだったら、小さな音だって気になりますよね。 ハリーも気になって何度もおじいちゃんを呼びに行きます。 そんなおじいちゃん。・・・続きを読む


第12回 『あったかいな』の片山健さん

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット