ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

ベン・シャーン(べんしゃーん)

ベン・シャーン(べんしゃーん)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ここが家だ

ここが家だ

作:アーサー・ビナード  絵:ベン・シャーン  出版社:集英社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2006年09月  ISBN:9784082990152

1件見つかりました

ベン・シャーン(べんしゃーん)さんの作品のみんなの声

  • 爆弾の恐ろしさ

    この絵本は、アメリカの水上爆発実験を目撃してしまった漁船の乗組員たちのお話でした。彼らは目撃したことも言えず、放射能を浴びて死んでしまったり病気になったりしました。最近北朝鮮がミサイルをたくさん撃って・・・続きを読む

  • 過去の出来事ではない

    このお話は、第五福竜丸の被爆です。 ドキュメンタリーのような生々しさが感じられました。 事件は1954年と、私の生まれる前のことですが、福島の原発問題を抱えている現在の私達にも、強烈なメッセージに・・・続きを読む

  • 悲しみは世界共通

    日本人の悲劇を描いたものですが、絵も文章も外国人がこの悲劇を伝えたいと書いています。 わたしたちも自国以外の悲惨な出来事に目を向けていかなければならないと思いました。 絵から伝わる悲しさ悔しさを、・・・続きを読む

  • アメリカの画家が描いた≪第五福竜丸≫

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    ビキニ沖でアメリカの原爆実験の被害を受けた日本の漁船≪第五福竜丸≫、その無線長だった久保山さんを主人公にアメリカの画家ベン・シャーンが描いた作品。 アーサー・ビナードさんが邦訳、後書きで解説をしてい・・・続きを読む

  • 爆弾をどこで使うのか

     静かで力強い絵は、こわいくらいの迫力がありました。  「いっぺんに何百万人も殺せる爆弾を、いったいどこで使うというのか」  「忘れるのを、じっとまっている人たちがいる」  「実験はその後も・・・続きを読む


どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット