ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

マブリナ(まぶりな)

マブリナ(まぶりな)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

およめにいった三人のむすめ

およめにいった三人のむすめ

再話:M・ブラートフ  絵:マブリナ  訳:宮川やすえ  出版社:岩崎書店  本体価格:¥880+税  
発行日:1978年11月  ISBN:9784265906147
おかしのくに

おかしのくに

作:マブリナ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1971年  ISBN:9784834015867

2件見つかりました

マブリナ(まぶりな)さんの作品のみんなの声

  • 古いビスケット型押し板から

    ロシアのタチアーナ・アレクセーブナ・マブリナの作品。 博物館で調べた古いビスケット型押し板からの創作だそうです。 こねた生パン(生地)に型を押し付け、いろいろな形のビスケットを焼いたとか。 とい・・・続きを読む

  • 復刊絵本 限定出版の「おかしのくに」 ロシアでは ビスケットを焼いて 楽しんでいるのですね ねこがビスケットをやくのですが ビスケットはみんなにげだして ビスケットの家までたてるのです お・・・続きを読む

  • ロシアの昔話

    • はなびやさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子13歳、

    ロシアの絵本を勉強した時に知った一冊です。 昔話を中心に描いた作品が多いマブリナの絵本。 太陽・月・おおがらすに三人の娘を嫁がせた老夫婦のお話。 それぞれの婚家に訪ねた後、父親が家に・・・続きを読む

  • ロシアの絵本

    ロシアの絵本を勉強していたら出会ったタチアナ・マーブリナ。国際アンデルセン賞受賞作家でもある彼女の作品の一つがこの『おかしのくに』でした。 1年生の子たちに読んでみたところ、出てくるお菓子一つひ・・・続きを読む

  • 「お菓子」

    「おかしのくに」の題名と絵に惹かれて図書館から借りてきました。 美味しそうなビスケットを食べたくなりますが、なかなか面白い展開で 憧れて見惚れているとビスケットになっちゃいそうです。 ・・・続きを読む


子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット