うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
職員室の日曜日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

職員室の日曜日

  • 児童書
作: 村上 しいこ
絵: 田中 六大
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「職員室の日曜日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月12日
ISBN: 9784061957527

小学初級から
A5判/95ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

好評の「日曜日」シリーズ。音楽室、理科室、図書室、給食室、保健室、体育館、図工室に続く第8作目は、職員室の仲間たちのおはなしです。

今日は日曜日。職員室の仲間たちは、エイプリルフールにひっかけて、うそつき大会をはじめます。思わずふきだしてしまうユーモアたっぷりのうそを出しあいますが、ただひとり、落としものパンツだけが「ぼくにはちょっとむり」としりごみします。
みんなでわいわいやっていると、コピーきが金庫の背中にはりつけられた紙を発見します。それは、かいとう・フラワーモンキーから、職員室のみんなへの挑戦状! この挑戦を受けて立つために、みんなで知恵をしぼります。
自分に自信が持てない落としものパンツは、ひょんなことで少し自信をつけます。そして、かいとう・フラワーモンキーからの挑戦にみんなでいどみ、なぞをといていきますが……?

ベストレビュー

それぞれの個性と役割がいい感じでした。

『日曜日』シリーズの8作目、第1刷は2014年の春に出たものです。
個人的に「日曜日」シリーズの中で一番おはなしの展開が好きです。
職員室にいるものたちの仲間のチョイスも、個性と役割が感じられて面白かったし、作中に何度も登場する「校長先生」の登場の仕方もすごく自然でよかったです。

テンポもよく字も大きめで、本好きな子なら小学校1年生くらいから、文字を読むのが苦手なお子さんでも中学生以上になれは楽しく読めると思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 しいこさんのその他の作品

じてんしゃのほねやすみ / あくしゅかい / アカンやん、ヤカンまん / おしごとのおはなし 花屋さん 菜乃のポケット / テレビのずるやすみ / うたうとは小さないのちひろいあげ

田中 六大さんのその他の作品

おとのさま、スキーにいく / のんびりやのサンタクロース / うどん対ラーメン / おしごとのおはなし 警察官 交番のヒーロー / 遠野物語 / おとのさま、ゆうえんちにいく



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

職員室の日曜日

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット