もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
ぼくは建築家ヤング・フランク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは建築家ヤング・フランク

  • 絵本
作: フランク・ビバ
訳: まえじま みちこ ばん しげる
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年02月
ISBN: 9784890139552

38ページ

関連するスペシャルコンテンツ


あなたの好きなキャラクターはどれ?

出版社からの紹介

ヤング・フランクはまだ子どもだけど、家にあるものを使って、いすやビル、町など様々なものをつくります。ある日、建築家のおじいさんと、ニューヨーク近代美術館(MoMA)を訪れて…。ものづくりの楽しさを味わえる、MoMA発の絵本。

ぼくは建築家ヤング・フランク

ベストレビュー

フランクが、5人

 モダンな絵がおしゃれな絵本です。

 ヤング・フランクと、オールド・フランクは建築家。でも、二人の感性や考えは違います。ヤング・フランクは、おじいちゃんであるオールド・フランクに あれこれ意見されているうちに、建築家でいたいのかどうか、わからなくなってしまいました。そこで、二人は、本物の建築家の作品を見るために、美術館(ニューヨーク近代美術館)へ行ったのですが・・・。

 「わしがまちがっていたようだ」と率直にいうオールド・フランクにたいへん好感を持ちました。頭が柔らかいですね。そして、「ちょっぴり若く、少し賢くなった気がした」ということですから、お年を召されていても、これから まだまだ成長していくことができるでしょう。素晴らしい!ここで、見返しに書かれていたフランク・ロイド・ライトの言葉「若さというのは、状況によるものではなく、その人の資質である」という言葉に納得です。

 建築って、最初の一歩は、積み木遊びから? 部屋いっぱいに広がる、さまざまに積み上げられたもの。そこから何かが始まるようで、これからのヤング・フランクの活躍が楽しみだと思いました。

(この絵本には、5人のフランクが関係しています。登場人物のフランクが二人。美術館の作品を作っているフランクが二人。そして、作者もフランク。)
(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

フランク・ビバさんのその他の作品

わたしは映画監督 ヤング・シャーロット



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

ぼくは建築家ヤング・フランク

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット