たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

トゥリーハウスさんの公開ページ

トゥリーハウスさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子5歳

自己紹介
乗物が大好きな息子と一緒に読んだ本です。

トゥリーハウスさんの声

1293件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お気に入り!!  掲載日:2017/3/22
アベコベさん
アベコベさん 作: フランセスカサイモン
絵: ケレンラドロー
訳: 青山 南

出版社: 文化出版局
5歳の息子が、かなり気に入った1冊です。
私たちの常識や感覚で「いい」とされていることが、
このアベコベさん一家ではまるで違うことがとても面白かったよう。
そして、それを描くお洒落なイラストも、たのしかったみたい。
爆笑だらけでした。
作家の方々のセンスが光ります。

またいいのが、私たちの感覚で普通の人のことを、
アベコベさん一家は決して非難したりせず
「いろんなひとがいるのよ」で済ますところ。
いろんな価値観をこんな風に認める寛容さを
私も息子も含め、皆が持つことができたら、、
とこのご時世に思ってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自由に  掲載日:2017/3/10
ルーピーのだいひこう
ルーピーのだいひこう 作・絵: ハーディー・グラマトキー
訳: 渡辺 茂男

出版社: 学研
5歳の飛行機好きの息子と読みました。
パイロットに飛ばされている飛行機のルーピーが…というストーリー。
最後、自由に飛ぶことができるようになるのが、いいですね。

少し長めではありますが、
息子はずっと集中して聞いていました。
パイロットたちに対するルーピーの気持ちに、
ちょっと笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 父子時間  掲載日:2017/3/10
きんようびはいつも
きんようびはいつも 作・絵: ダン・ヤッカリーノ
訳: 青山 南

出版社: ほるぷ出版
5歳の息子と読みました。
金曜日の朝には決まって
子どもがパパとでかけ、朝、外食をしながら、
ゆっくりとおしゃべりをする、という話。
どんなに周りが忙しくても。

いいなー、ウィークデーにこんな時間を持つことのできる父子。
忙しい夫も、息子も、こんな時間を持つことができるようになるのが
私の理想的です。

とてもお洒落なイラストも魅力です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 父の不在  掲載日:2017/3/8
ノックノック みらいをひらくドア
ノックノック みらいをひらくドア 文: ダニエル・ビーティー
絵: ブライアン・コリアー
訳: さくま ゆみこ

出版社: 光村教育図書
5歳の息子と読みました。
パパに抱っこされた男の子の印象的な表紙で借りてみたのですが、
結構、深い話でした。
突然、大好きなパパと会えなくなった男の子。。
父の不在をどのように乗り越えるか、というテーマ。
息子には、まだちょっと早かったかな。

コラージュ的なイラストも魅力でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大笑い  掲載日:2017/2/23
ぜったいひとつだからね
ぜったいひとつだからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
5歳の息子と読みました。
彼にはちょうど算数に興味が出てきた時期だったので、
この数字に関する展開は、おもしろかったようです。
ローラが認識力がまだ幼く、
ちょうど息子と同じくらいだったのもよかったみたい。
数字がたくさんお洒落に楽しく描かれていて、
今回は、お勉強的要素も入ってきたのかな?

ふたりの会話の応酬がセンスに溢れていて、笑ってしまいます。
てんとうむしの靴の場面の会話はふたりで大笑いしてしまった。
「ひつようなし」という、チャーリーがバッサリ切る場面。
そして、ママの「なんにもなしっていうのはどうかしら?」にも。
2人のウィットに富んだ会話は、このママの血なのかしら。

しかし、今回の絵本のタイトルに「ぜったい」はいるのかな?
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ソレン・ロレンソンみっけー!!  掲載日:2017/2/23
ぜったいがっこうにはいかないからね
ぜったいがっこうにはいかないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
5歳の息子と読みました。
ちょうど、息子も4月から小学生。
学校に興味津々ながらも、少し不安もあるみたい。
なので、ローラにとても共感しながら聞いていました。
やはりふたりの会話の応酬が、センスに溢れていて面白い。
息子が食いついた場面は、「オニ」と、
ナイルワニの服を着ていこうとするところ。大笑いしていました。

今回もポップでおしゃれなコラージュ。
そして、そして、びっくりしたのは、
ローラの空想の友だち、ソレン(ローラにそっくり)の登場!!
ソレンの話が出てくるページから、よーく探すといるんです!
印刷技術ってすごいですね。
息子と大興奮! 感動してしまいました。
そして、ローラに学校で本物のお友達もできてよかったね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今度はローラが(笑)  掲載日:2017/2/23
ぜったいねないからね
ぜったいねないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
5歳の息子と読みました。
やはり、お洒落。
字の配置から、壁紙や布団、パジャマなど、、
写真を使ったコラージュがとてもステキ。

これは「ぜったいたべないからね」の続編ですよね。
そちらではチャーリーのから面白い空想話を
ローラに投げかけた会話のやりとりで笑ってしまいましたが、
今度は逆バージョン。
妹のローラが投げかけています。なかなかやる!
そして、チャーリーの返答もイカしております。そして忍耐強い(笑)

ローラはお兄ちゃんとのこのやり取りをとても楽しんでいるんだな。
この「ぜったい〜しない」という言葉は、
すべてを拒否したように見せかけて、
お兄ちゃんとのこの手の会話を楽しみたいという現れでもあるんだろうな、
とても微笑ましく思いました。

息子はとても喜んでいました。
最後のカバが寝ている黒いページに大笑いしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 取材がぬかりない  掲載日:2017/2/22
乗り物ひみつルポ(3) ジェット機と空港・管制塔
乗り物ひみつルポ(3) ジェット機と空港・管制塔 作: モリナガ・ヨウ
出版社: あかね書房
5歳の飛行機が大好きな息子と読みました。
息子の大好きなボーイング787と、
空港で787に関わる人々の仕事の内容です。
普段私たちが目にすることのできない仕事も多く、興味深い。
さすが、モリナガさん、取材は緻密でぬかりない。
こんなにエンジンを分解して洗ったり整備したりするのですね。
息子は夢中で聞いていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもが喜ぶ1冊  掲載日:2017/2/13
新タイムトラベラー ウォーリーをおえ!
新タイムトラベラー ウォーリーをおえ! 作・絵: マーティン・ハンドフォード
訳: 唐沢則幸

出版社: フレーベル館
息子の大好きな、ウォーリーを探せのシリーズ。
さまざまな時代のさまざまな場面があって
ちょっぴり歴史の勉強にもなるかしら。
25人のウォーリーの親衛隊がいるのも楽しい。
息子は夫とどちらが早く探せるか、競争をして喜んでいます。
子どもが喜ぶ1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 人間臭い  掲載日:2017/2/13
フィンランドの小人たちトントゥ
フィンランドの小人たちトントゥ 作・絵: マウリ・クンナス
訳: いながきみはる

出版社: 猫の言葉社
5歳の息子と読みました。
フィンランドの小人の話をたくさん集めたもの。
日本でいうと、座敷童と似ているのかな?
ちょっと人間臭い(感情起伏の激しい)トントゥが、
生き生きと描かれていて、おもしろい。
いろんな話があって、ちょっと長いけれど、
息子は楽しそうにずっと聞いていました。
ちょっとマンガチックなイラストも魅力的です。
参考になりました。 0人

1293件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット