貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
どもるどだっく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どもるどだっく

  • 絵本
文: 高山なおみ
絵: 中野 真典
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年06月25日
ISBN: 9784893096203

254×213mm 32P 上製 hard cover

出版社からの紹介

なみちゃんは、4さいの女の子。えも、じも、おねえちゃんみたいにじょうずにかけないし、うまくしゃべれない。だけど、なみちゃんのまわりには、しゃべらなくてもわかってくれる、みかたがいっぱい。「あめもねこも、はっぱもむしも、みーんなわたしをみてる」なみちゃんは、このよろこびをおかあさんにつたえようとしますが、こえが口からばくはつして......。
人気料理家・高山なおみの自伝的絵本!

ベストレビュー

高山なおみ

4歳のなみちゃんを通じて高山なおみさんの自叙伝を描いたと読んだのですが、私は、中野真典さんの絵にも衝撃を受けてます。裸になって四つんばいになっている少女の絵に表紙から惹かれるけれどショックを受けました。作者自身の高山なおみさんが、中野真典さんに絵をお願いにあがったそうですが、「どもるどだっく」の内容にも強烈なパンチを貰ったし、ダイナミックな絵にもショックを受けました。高山なおみさんのように、まわりにお母さん、双子のおにいさんのような沢山のみかたがいる、理解者がいる、そんなみかたにゆっくり、ゆっくりの孫のためにも私自信もなれたらと強く思った絵本でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高山なおみさんのその他の作品

ほんとだもん / たべたあい / アンドゥ(新装版) / アンドゥ

中野 真典さんのその他の作品

はじめての はじまり / ほのちゃん / かかしのしきしゃ / もう いいかい / おはなしトンネル / りんごちゃん



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

どもるどだっく

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット