新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
どもるどだっく

どもるどだっく

  • 絵本
文: 高山なおみ
絵: 中野 真典
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年06月25日
ISBN: 9784893096203

254×213mm 32P 上製 hard cover

出版社からの紹介

なみちゃんは、4さいの女の子。えも、じも、おねえちゃんみたいにじょうずにかけないし、うまくしゃべれない。だけど、なみちゃんのまわりには、しゃべらなくてもわかってくれる、みかたがいっぱい。「あめもねこも、はっぱもむしも、みーんなわたしをみてる」なみちゃんは、このよろこびをおかあさんにつたえようとしますが、こえが口からばくはつして......。
人気料理家・高山なおみの自伝的絵本!

ベストレビュー

高山なおみ

4歳のなみちゃんを通じて高山なおみさんの自叙伝を描いたと読んだのですが、私は、中野真典さんの絵にも衝撃を受けてます。裸になって四つんばいになっている少女の絵に表紙から惹かれるけれどショックを受けました。作者自身の高山なおみさんが、中野真典さんに絵をお願いにあがったそうですが、「どもるどだっく」の内容にも強烈なパンチを貰ったし、ダイナミックな絵にもショックを受けました。高山なおみさんのように、まわりにお母さん、双子のおにいさんのような沢山のみかたがいる、理解者がいる、そんなみかたにゆっくり、ゆっくりの孫のためにも私自信もなれたらと強く思った絵本でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
2,200円
1,540円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
6,490円
10,780円
2,200円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

どもるどだっく

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら