ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
はるにうまれるこども
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるにうまれるこども

作・絵: にしむら かえ
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「はるにうまれるこども」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

あたたかくて、やさしくて、思わず何度もページをひらきたくなる。
そんな絵本がうまれました。

地球のどこかでうまれているいろんな出来事、いろんな思い。
ずっと前のこと、これからのこと、それらはどこかでつながり、くりかえされながらどこかに届けられていきます。

ベストレビュー

時の流れを感じる

写真スナップのような、古今東西の光景がつづられた作品。
何気ない光景ばかりなのですが、そこここに時の流れを感じてしまいました。
特にラストの文章は、とても余韻がありました。
やはり、春だからこその感覚でしょうか。
センスのある雑貨店に、そっと置かれてあるような存在感です。
大人向けの作品のような気がします。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

出版社おすすめ


にしむら かえさんのその他の作品

ものしり五郎丸 / ねこのタマコでございます / ホットケーキいいん? / アイスクリームごっこ?



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

はるにうまれるこども

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット