くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
やまやまのへっぴりじさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまやまのへっぴりじさま

作: 小林 輝子
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1996年

こどものとも年中向き 1996年11月号

ベストレビュー

とっぴん ぱらりの ぷ   笑え〜る!!

「ちゅう、ちゅう、にしきさらさら 、ごようのまつばら、とっぴんぱらりのーーーぷーん」
おならのおと  じいさまはへをたれるのがとくいだった(ここでわらえます)
ほんとおならは臭いのですが じいさまのへは リズムがあって臭くなさそう

やまのかみぁ よろこんだっけと
ほんと おもしろいな〜
ようきな じいさまはおみやげにちいさいつづらをもらって
(このくだりは したきりすずめの昔話に似ているのですが)
でた〜  となりのじさまとばさま
じさまのへは「・・・・・とっぴん ぱらりの びちゅうびちゅう」
あら? リズミカルでないなです きたないおとなんですね

「・・・・とっぴんぱらりの びぢかじ、びぢかじ」へでないもんたれたんだって?   あらまあ これはたいへんだ〜(笑える 笑える)
一番笑えたのは ばさまが、たからものをまってる姿 こしまきいちまいになって(梶山さんの絵は最高におもしろくて 大きな声で笑いました〜)
小林輝子さんの 岩手県の語りの方言ですね

笑いたい方には お奨めで〜す!

(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


小林 輝子さんのその他の作品

かたゆき / そばがらじさまとまめじさま / つぶむこ / あけび みつけた / にぎりめし ごろごろ

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

やまやまのへっぴりじさま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット