十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ポヤップとリーナ京都へいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポヤップとリーナ京都へいく

  • 絵本
作・絵: colobockle(たちもとみちこ)
出版社: ワニマガジン社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784862690104

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森に住んでいる、ねずみのポヤップとりすのリーナはとってもなかよし。ある日いつものようにふたりであそんでいると、なぞのトランクをみつけました。なんと、それは空飛ぶトランク! ふたりをのせ日本の古都・京都という町へ飛んでいきます…。さぁ、あなたもポヤップやリーナといっしょに京都の町をぼうけんしてみませんか?

ベストレビュー

読むのは春の方がいいかも。京都編。

『沖縄編』の次、ポヤップとリーナの旅は『京都編』です。
京都に来て最初のページに大まかな京都の有名どころが描かれていて、鳳凰らしき「金色のとり」が飛んでいくところが、インパクトありました。

最後に風の子が登場し(前回はキムジナーでした)、桜の花びらとともに京の町を桜色の春にしていって、終わります。
(ポヤップとリーナはこの風で森に帰るのかと思ったけど、そこまでは描かれていませんでした)

さくらで終わっているので、『旅絵本《旅行パンフ》』ではありますが、読むのは春の方が、季節感が分かっていいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

colobockle(たちもとみちこ)さんのその他の作品

スーモのさがしもの / 5つごモンスターがやってきた! / プレゼントなあに? / アニーのちいさなかばん / おひさまぷりん / ポヤップとリーナ沖縄へいく



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ポヤップとリーナ京都へいく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット