雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ポヤップとリーナ京都へいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポヤップとリーナ京都へいく

  • 絵本
作・絵: colobockle(たちもとみちこ)
出版社: ワニマガジン社

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784862690104

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森に住んでいる、ねずみのポヤップとりすのリーナはとってもなかよし。ある日いつものようにふたりであそんでいると、なぞのトランクをみつけました。なんと、それは空飛ぶトランク! ふたりをのせ日本の古都・京都という町へ飛んでいきます…。さぁ、あなたもポヤップやリーナといっしょに京都の町をぼうけんしてみませんか?

ベストレビュー

読むのは春の方がいいかも。京都編。

『沖縄編』の次、ポヤップとリーナの旅は『京都編』です。
京都に来て最初のページに大まかな京都の有名どころが描かれていて、鳳凰らしき「金色のとり」が飛んでいくところが、インパクトありました。

最後に風の子が登場し(前回はキムジナーでした)、桜の花びらとともに京の町を桜色の春にしていって、終わります。
(ポヤップとリーナはこの風で森に帰るのかと思ったけど、そこまでは描かれていませんでした)

さくらで終わっているので、『旅絵本《旅行パンフ》』ではありますが、読むのは春の方が、季節感が分かっていいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


colobockle(たちもとみちこ)さんのその他の作品

スーモのさがしもの / 5つごモンスターがやってきた! / プレゼントなあに? / アニーのちいさなかばん / おひさまぷりん / ポヤップとリーナ沖縄へいく



視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

ポヤップとリーナ京都へいく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット