なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
おじいちゃんのライカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんのライカ

作: マッツ・ウォール
絵: トード・ニグレン
訳: ふじもとともみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ライカは、おじいちゃんの犬だ。ライカとおじいちゃんとぼくは、毎日いっしょに森や草原をさんぽする。でもライカはだんだん年をとり弱ってきた。そして、ある日おじいちゃんは…。生命の輝きには終わりがある。その人生のかなしみを知り、少年はひとつ成長した。

ベストレビュー

最期を迎えるとき

秋、森のカバの木の葉が色づき、おじいちゃんの愛犬
ゴールデンレトリバー「ライカ」の毛の色と同じになる。
この“オレンジ色”が絵本の中で最初から最後まで登場していて
老いと、最期へ向かう事への暗示が一色化してますね。
年老いて病気に侵され、何も食べなくなったライカを、
おじいちゃんは獣医さんの所へ連れて行って
安楽死させることを選びました。
その事には、子どもたちもとてもショックを受けた様子でしたが
こうして、家族として迎え入れたライカを最後まで
見送るという、北欧の風習を学んだようです。

とても静かなトーンで進む絵本なだけに、男の子と一緒に
悲しみを感じるお話しですが、
ライカのお話しを通して、私たち人間の最期を迎えるときについても
感じるものがあったのではないでしょうか?
いろんなことを感じさせるお話しでした。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




寝かしつけに最適な水中絵本

おじいちゃんのライカ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット