庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ギルガメシュ王 さいごの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ギルガメシュ王 さいごの旅

  • 絵本
作・絵: ルドミラ・ゼーマン
訳: 松野 正子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784001106206

小学1.2年以上

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

親友エンキドゥを死に奪われたギルガメシュ王は,死を滅ぼし,永遠の命の秘密を得ようと,長く苦しい旅にでる.はたしてその秘密を手にすることができるのか? ギルガメシュ王の物語三部作完結.

ベストレビュー

今、世界を動かしている人たちに

3部作の最終章になりました。
ギルガメシュ王の旅は、「永遠の命」を求める。何とも壮大な旅でした。

この話を読んでいて、「あれ?」と、思ったのですが、グリムの昔話の中に、ギルガメシュ王が旅した「ウトナピシュティムのいる島を守るしの海流」と、似たような旅をする話があったような気がします。
もしかしたら、この話は時代や場所を経て、グリムなどの昔話として、語り告げられているのかもしれませんね。
しかも、ここに登場する「ウトナピシュティム」なる人物(神に近い人間)は、どうやら旧約聖書に登場する「ノアの箱舟」のノア。のモデルのようです。

そう思うと、ますます壮大なロマンを感じずにはいられません。
ラストがまた素敵でした。

「ギルガメシュよ。ここにきみのもとめた永遠の命がある。」
「きみがきずいたうるくの都、きみがしめした勇気、
 きみがしてきた様々の良いこと。
 きみは、人々の心のなかに、永遠に生きつづけるだろう。」
と、親友エンキドゥは大きな鳥に姿を変えて、彼の前に現れそう伝えてくれるのです。

物語の最後の言葉としても素晴らしと思いましたが、
500年も前の文明を築いた、世界で初めてといわれる人類の物語のラストが、こんなに究極の答えを示して終わっていることに感動しました。

子どもたちよりも、むしろ世界の政治の中心にいる方たちに、この物語を読んでもらいたいですね。
そして、自分たちのしていること、やらなければならないことを、もう1度よく考えてほしいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

ルドミラ・ゼーマンさんのその他の作品

シンドバッドの冒険 / シンドバッドと怪物の島 / シンドバッドのさいごの航海 / ギルガメシュ王ものがたり 全3冊セット / ギルガメシュ王のたたかい / ギルガメシュ王ものがたり

松野 正子さんのその他の作品

ももと こだぬき / にわとり城 / ちゃいろいつつみ紙のはなし / 特装版 思い出のマーニー / まっててね / よくきたね



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ギルガメシュ王 さいごの旅

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット