十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
ファンタジーの世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンタジーの世界

作・絵: 佐藤 さとる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥563 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ファンタジーの世界」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

もっとファンタジーを知りたい方へ

この本は私が高校生の時に買った本です。講談社現代新書なので、読者対象は大人だと思いますが、素晴らしい本なので紹介します。

小学6年生で「だれも知らない小さな国」を文庫本で読み、お小遣いをやりくりして文庫本を買い漁りました。私はこの本を通して「メルヘン」と「ファンタジー」の違いを知りましたし、佐藤さとるのファンタジーにかける情熱を感じました。

佐藤さとるの本に出会わなければ、今もファンタジー好きであることはなかったと言っても過言ではないので、「だれも知らない小さな国」に出会えたことを本当に感謝しています。

これからファンタジーを書きたい方には「ファンタジーの創り方」についての詳しい記載がありますし、もっとファンタジー作品を読みたいと思われる方にはファンタジー作品の紹介もあります。

「ファンタジーの世界」を読んだことで、私の中で最も大きな出来事は「ナル二ア国物語」と「指輪物語」を知ることができたことです。2つとも大学生になってから読みましたが、子どもの時に読んでいればと思いました。2作品とも映画化されていますが、子どもたちには、ぜひ活字で読んでほしいです。

もっと、佐藤さとるのことを知りたい方やファンタジーを知りたい方へオススメの本です。よく擦り切れるまで読んだ本といいますが、私にとってのファンタジーの教科書のような本で、何度も何度も読み返しました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ
  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

ファンタジーの世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット