ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
虔十公園林/ざしきぼっこのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

虔十公園林/ざしきぼっこのはなし

  • 児童書
作: 宮沢 賢治
絵: はた こうしろう
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784265071067

小学校低学年向き

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ばかにされながらも虔十が植えた700本の杉苗。小さな杉林は、子どもたちの遊び場になり、虔十の死後も、そこで育った子どもたちの故郷でありつづけた。(虔十公園林)

ベストレビュー

公園はいつまでも

 最初、タイトルがよくわからなかったです。
 虔十という人が育てた林が、公園になったお話でした。

 自然が大好きな虔十は、みんなから馬鹿にされていました。そんな虔十が、杉をうえはじまました。
 虔十がなくなっても、公園は残って人々をいやしています、、、。

 虔十は、どこか宮沢賢治と重なる感じがしました。独特の言葉使いは、読みにくいけれどあたたかみがあるなと思いました。
 はたさんの描く、虔十の表情がいいですね。

 ざしきぼっこも、ふしぎな楽しいお話でした。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / えほん図鑑 へんてこ!みずのぜつめつどうぶつ / なのだのノダちゃん まほうの自由研究 / おうちのものなあに / えほん図鑑 へんてこ!りくのぜつめつどうぶつ / はじめてのオーケストラ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

虔十公園林/ざしきぼっこのはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット