おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

虔十公園林/ざしきぼっこのはなし」 みんなの声

虔十公園林/ざしきぼっこのはなし 作:宮沢 賢治
絵:はた こうしろう
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年
ISBN:9784265071067
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 公園はいつまでも

     最初、タイトルがよくわからなかったです。
     虔十という人が育てた林が、公園になったお話でした。

     自然が大好きな虔十は、みんなから馬鹿にされていました。そんな虔十が、杉をうえはじまました。
     虔十がなくなっても、公園は残って人々をいやしています、、、。

     虔十は、どこか宮沢賢治と重なる感じがしました。独特の言葉使いは、読みにくいけれどあたたかみがあるなと思いました。
     はたさんの描く、虔十の表情がいいですね。

     ざしきぼっこも、ふしぎな楽しいお話でした。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 杉林

    宮沢賢治さんの作品の中でも、子供向けということを意識して選んでいるシリーズということもあって、とても読みやすかったです。
    絵も、だいぶ小学生がなじみやすい雰囲気ですね。
    「何の役にもたたない」とみんなから思われていても、ただ黙々としている姿は、「雨にも負けず」の詩にも見られたと思います。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虔十って「けんじ」ゅうのことじゃないかな

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪11歳

    虔十公園林
    虔十はいつも口をあけて笑っているような子供でした。でも子どもらはそんな虔十を馬鹿にしてわらうのでした。けんじゅうって「けんじ」ゅうってことじゃないかと思う。賢治の思いがくちをあけて笑っている虔十に託されたのではないか。杉を植えることは最初何にもならないとみんなから考えられていたけど、虔十がチブスにかかって死んでも、杉ばやしは残り、本人は死んでも杉だけは残るものなのですね。そして公園までになっていく。賢治自身もみんなから笑われようとも自分がやりたいと思ったことはやりたかったのだと思います。

    ざしきぼっこのはなし
    ざしきぼっこって大人にならないうちに死んだ子どもがざしきぼっこになるとか聞いたけど、このざしきぼっこって子どもがたくさん集まれば、10人いるところが11人になる不思議な子どもなのですよね。東北にいったら一度あってみたいです。そして飴でもあげたいです。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット