ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ヘレンのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘレンのクリスマス

  • 絵本
作: ナタリー・キンジー=ワーノック
絵: メアリー・アゼアリアン
訳: 千葉 茂樹
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ヘレンは、まだ、自動車も電気のない時代、アメリカ北部の農場で、7人きょうだいの末っ子として生まれました。クリスマスには、ツリーのためのモミの木をさがして丘じゅうを歩きまわり、見つけたモミの木を家にもってかえります・・・。作者ワーノックの、おばあさんの時代のクリスマス風景を、詩情ゆたかに描いた味わい深い作品です。

ベストレビュー

生活の中に根付いた静かなクリスマス

絵が『雪の写真家ベントレー』『ブライディさんのシャベル』などのメアリー・アゼアリアン。版画が特徴です。

絵というよりは千葉茂樹さん訳ということで手を伸ばした絵本でした。

「自動車も電話も電気もない」頃のお話。家族間の関係が密接で、時間がゆっくりと流れていた頃、今では味わえない心の豊かさがあったのかも。

クリスマス絵本と考えると、地味な部類に入りますが、イベントとしてのクリスマスではなく、生活の中に根付いた静かなクリスマスといった印象です。

昔の生活を知るという場合にもよさそうです。ヘレンがクリスマスのプレゼントを楽しみに眠りにつく表情がとても幸せそうに感じました。

クリスマスそのものも楽しいですが、クリスマスを待つ時間が何よりも楽しみだった子どもの頃を思い出しました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ナタリー・キンジー=ワーノックさんのその他の作品

夜明けまえから暗くなるまで

メアリー・アゼアリアンさんのその他の作品

ダーウィン / ブライディさんのシャベル / 雪原の勇者 / ジェリコの夏 / 雪の写真家 ベントレー

千葉 茂樹さんのその他の作品

甲虫のはなし / こうえん / どれがいちばんすき? / ジャック・ロンドン ショートセレクション世界が若かったころ / スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

ヘレンのクリスマス

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット