キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
クルミわりにんぎょう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クルミわりにんぎょう

  • 絵本
絵: フランチェスカ・クレスピー
訳: 小川 仁央
原作: ホフマン
再話: ジーン・リチャードソン
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

今夜はクリスマス・イブ。クララはパーティのしたくで大いそがし。おじさんがクララにくれたプレゼントは、兵隊さんのふくそうをしたクルミわりにんぎょう。そして、その夜…。有名なバレー音楽をもとにした、はなやかな魅力あふれるクリスマス絵本。

ベストレビュー

様々な演出

チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみわり人形」は大好きです。
ということで、この絵本とセットのCDは何度も聞いています。
そのCDにもナレーションが入っていましたが、
実は演出によっていろいろなストーリーが存在するのです。
ということで、今回この絵本は初めて読んだので、少し違和感はありましたが、
また違った演出の作品を鑑賞した気分で楽しむことにしました。
クリスマス・イブ、クララは不思議なドロッセルマイヤーおじさんから
くるみわり人形をプレゼントにもらいます。
一風変わった人形は、からかわれて腕が壊れてしまいます。
手当てされたものの、心配で夜中に様子を見に来たクララは、
不思議な光景を目にします。
大きくなるクリスマスツリー、ねずみとの戦い、くるみわり人形の勇姿、
クララの勇気、そして、お菓子の国へ。
幻想的なバレエの舞台の雰囲気がとてもよく描かれていると思います。
原作であるホフマンの『くるみわり人形とねずみの王様』は、
実はなかなか難解なストーリーですが、
バレエ物語で関心を持ってぜひ一読してほしいと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

ホフマンさんのその他の作品

くるみわり人形 クラシックバレエおひめさま物語 / (デジタル)くるみわりにんぎょう / 百年文庫(13) 響 / 岩波少年文庫 75 クルミわりとネズミの王さま / くるみわりにんぎょう / こども世界名作童話(36) くるみわり人形

ジーン・リチャードソンさんのその他の作品

消えてしまったお人形

フランチェスカ・クレスピーさんのその他の作品

魔笛 モーツァルトおんがく物語

小川 仁央さんのその他の作品

どんなにきみがすきだかあててごらん ふゆのおはなし とびだししかけえほん / おじいちゃんのゆめのしま / ぼくらはいつもいっしょだよ / ポップアップ どんなにきみがすきだかあててごらん / ようせいアリス / いいこだ、ファーガス!



40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

クルミわりにんぎょう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット