ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ゆきだるまのおきゃくさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきだるまのおきゃくさま

作・絵: ヤーノシュ
訳: 矢川 澄子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ゆきだるまのおきゃくさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

村の娘の誕生会に招かれた雪だるまは、楽しい午後を過ごします。素朴でおおらかな画面に人々の善意、優しさが暖かく描かれます。

ベストレビュー

本当の意味でのお客様

息子ともどもヤーノシュさんの作品のファンです。

初雪で作られた雪だるまウィリーのお話です。村の人々の人気者ウィリーは、ふるさと雪の国を懐かしく思う一方、夏に憧れるなど、冒険心も持っています。そんなウィリーを森番の娘レアが誕生日会に招待します。ウィリーは好奇心から出掛けていきますが・・・皆の温かいもてなしのため、溶けていなくなってしまいます。

ウィリーは本当の意味で、一時だけこの村にやってきたおきゃくさまだったのでしょうね。森番のグリブラさんが「ウィリーはただ旅に出ただけさ」と最後に言うのですが、テルリコフスカさんの『しずくのぼうけん』を思い出しました。水があちこちを巡って冒険する話ですが、ウィリーも、溶けたおかげで大好きな列車の2両目に乗って、憧れの温かい国に行っているのかもしれませんね。そして、次の冬にはまた雪となって北国に戻ってくることでしょう。

息子は雪だるまにはあまり反応せず、ウィリーの友達カラスの発言や、列車の走る音がお気に入りです。雪が溶けてしまうことがまだ分かっていないのかもしれません。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


ヤーノシュさんのその他の作品

それゆけ、フェルディナント号 / ぼくがおうちでまっていたのに / ぼくがげんきにしてあげる / とらくんへのてがみ / パナマってすてきだな / ぼくは おおきな くまなんだ

矢川 澄子さんのその他の作品

グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / グリム童話 いばらひめ 新版 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / 12月くんの友だちめぐり / 岩波少年文庫 145 風の妖精たち / 帰ってきた星の王子さま



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ゆきだるまのおきゃくさま

みんなの声(3人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット