雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

  • 絵本
絵: ひろの たかこ
再話: おざわ としお きたがわ きみこ
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥450 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<30巻あらすじ>
子どものいないじいさんとばあさんに山で拾われたへびの子。「しどこ」と名づけられ、かわいがられて育ったのですが、「しどこ」があまりにも大きくなりすぎて、村の人々から追い出されます。「しどこ」は山を越えてゆき、田んぼの中に大きな池をつくり出します。その池のまわりには、美しい花が咲くようになり、村人たちがおおぜい見物に来るようになりました。ある日、その池に長者の娘が落ちて大騒ぎになりますが、そこに「しどこ」が現れ、娘を助け出します。長者は「しどこ」にお礼をし、じいさんとばあさんを一生世話をすると約束します。

ベストレビュー

語り継がれる日本昔話

やたらと昔話にはまる娘。「むかし、むかし、おじいさんとおばあさんが・・・」なフレーズが好きなよう。
「しどこ」という名前が不思議だけど、日本各地に昔から伝わるお話というものは娘世代にも大事に語り継いでいきたい、と思った。
(サンちゃんくんさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし

ひろの たかこさんのその他の作品

ねんね ねんね / ねんねのうた / こねこが にゃあ / わんわん なにしてるの / はっぱのなかでみいつけた / 子どもとうたう うたのえほん はないちもんめ(CD付き)



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット