なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
子どもとよむ日本の昔ばなし14 しりなりべら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもとよむ日本の昔ばなし14 しりなりべら

  • 絵本
絵: よもぎだやすひろ
再話: おざわ としお うえもり なかこ
出版社: くもん出版

本体価格: ¥450 +税

「子どもとよむ日本の昔ばなし14 しりなりべら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784774311883

幼児から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<14巻あらすじ>
貧乏な男が「運をさずけてください」とお願いすると、神様は「赤でなでれば音が出て、黒でなでれば音がやむ」不思議なへらをくれました。

ベストレビュー

しりなりのうた

「しりなりのうた」を自分で節をつけて何度も歌う(?)と、なんだか楽しくなってきます。歌う度に、歌い方が違うのも面白くふざけて歌っている私でした。貧乏な若者が神さまからもらった不思議なへらを使って馬のしりでご馳走に預かって、長者の娘をお嫁さんにして幸せになったのですが、もうこれ以上欲を出さないでほしいと思いました。お嫁さんにも死ぬまでそのへらのことは秘密にして暮らしてほしいと切に願いました。昔話は孫にも読んで伝えたいですが、「しりなりうた」の方を面白く歌いたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし



『わくわく 旅すごろく』『国旗と世界の国かるた』『都道府県いちばんかるた』

子どもとよむ日本の昔ばなし14 しりなりべら

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット