新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ピノッキオのぼうけん

ピノッキオのぼうけん

  • 児童書
作: カルロ・コルローディ
絵: 臼井郁
訳: 安藤美紀夫
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥2,310

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピノッキオのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1980年04月
ISBN: 9784834002447

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 424
サイズ: 21X17cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

世界中の子どもたちに愛されている、あやつり人形の物語の完訳。丸太棒から生まれたとたんにいたずらをはじめ、失敗ばかりくり返す――ピノッキオはまさに子どもの原型です。

ベストレビュー

子どもの成長過程と同じ

名作を子どもと読む時期ってとても難しいのですが、冒険もの好きな子どもなので読んでみました。

安藤さんの訳がとても読みやすくて、イタリア人の饒舌な語り口がよく出ているなあと思いました。

子どもの頃に読んだのは抄訳だったので、こんな場面もあったんだと一部新鮮なところもありました。

何度も同じ失敗を繰り返して忠告も受けひどい目にも遭うのに、誘惑に勝てないピノッキオ。

子どもの成長過程と同じだなあと思いました。

それだけに子どもは親近感を抱けるんでしょうね。

「ぼうけん」とありますが、改めて壮大な冒険だなあと思います。

読み聞かせ用にも向いていると思います。こんな本を学校の先生が毎日読んでくれたらきっと記憶に残りそうです。

古典と呼ばれる名作にはやはり力がありますね。

この福音館書店のシリーズ、少しずつすべて読んでいけたらいいなあと思っています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

カルロ・コルローディさんのその他の作品

ピノキオの冒険

安藤美紀夫さんのその他の作品

しりたがりやのこねこのポコ / 21世紀版少年少女世界文学館(21) ドン=キホーテ / 福音館文庫 カナリア王子 イタリアのむかしばなし / 紙芝居 おんどりと二まいのきんか / いつか、おかあさんを追いこす日 / 名作うさぎものがたり


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > ピノッキオのぼうけん

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー藤原竜也さん

ピノッキオのぼうけん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット