貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
若がえりの水 日本の民話えほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

若がえりの水 日本の民話えほん

  • 絵本
作: 川村 たかし
絵: 梶山 俊夫
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年01月
ISBN: 9784876925520

B5判横 各巻28ページ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

夫婦愛のお話 若返りたいような〜

わかがえりの水の昔話は知っていましたが、この絵本は川村たかしさんのお話に梶山さんの絵がほんわかと暖かくお話もいいおはなしです
若返りの水 こんな水があったら嬉しいような気もするのですが・・・
昔話はいいな〜 願いがうまく叶えられて 
おじいさんが、若者になったのですがおばあさんはキツネか狸にだまされているのだと思い棒でたたくところがなんとも愉快です
おばあさんもおなじようにじいさまのように若返りたいと水を飲みつづけたので・・・・
赤ん坊にもどってしまったなんて あら  どうしたことやら
でも このおじいいさん(若者になった)は優しい夫婦とはこうあるべきかと思いますが・・・
おじいさんだから優しかったのかも 
おばあさんが逆でもおじいさんのようにしたかな?

余談ですが・・・・先日友達と夫婦のはなしをしていて死んだ後又、今の自分の夫と出会いたいか? 
違う生き方を望むかという事を話していてこの夫婦のように愛があるかな?こんな事を思い出して苦笑いの私です
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川村 たかしさんのその他の作品

酒呑童子 / おおきさくらべ / 心うたれるほんとうにあった話4年生 / ばけずきん / こめぶき・あわぶき / ゆきおんな

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



『すきなことのみつけかた』『ともだちのつくりかた』たかいよしかずさんインタビュー

若がえりの水 日本の民話えほん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット