だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
この あしあと、だーれだ? あてっこあそびが楽しい絵本!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ムジナ探偵局(7) 完璧な双子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ムジナ探偵局(7) 完璧な双子

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: おかべ りか
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784494014361

小学3・4年〜
18.8×12.8cm 200頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

西公園の竹やぶに幽霊が出るという噂が…。足のない男の子の幽霊がゲラゲラ笑っていたらしい。
ある大家族の屋敷に、25年前に失踪した男が帰ってきた。
しかもその男と双子以上にそっくりな男とともに…。これまで以上に難解な2つの事件。



ベストレビュー

うちの子は「ねこまた」が好き。

うちの下の子くらいが一番お薦めの年齢だと思いますが、絵が不気味すぎると、元が怖がりなので、読もうとしません。
上の子は、中学生ですが、面白がって読んでます。特にときどき出てくる「ねこまた」が、上の子のお気に入りです。

この作品は表題作のほかに「わらう幽霊」という話が載っていて、私は個人的にはそっちの話の方が好きだったな。
むかし話から持ってきたオチが付いてるし…。確か、似たような話を聞いたことがあります。

ムジナさんと源太少年は、回を重なるごとにいいコンビになってきている気がします。
「ムジナ探偵局」シリーズはぜひ、全巻通して読んでみてほしい作品です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

富安 陽子さんのその他の作品

絵物語 古事記 / サラとピンキー ヒマラヤへ行く / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 妖怪一家九十九さん(6) 妖怪一家のハロウィン / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ

おかべ りかさんのその他の作品

やまんば妖怪学校 1 こいぬのクンは一年生 / しゃぼんだま ぷわん / おばけやさん(7) てごわいおきゃくさまです / トイレのてんしちゃん / おばけやさん(6) はじめてのおみせばんです / おばけやさん(5)よるのがっこうでおしごとです



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

ムジナ探偵局(7) 完璧な双子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット