話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

トミーが三歳になった日

トミーが三歳になった日

作: ミース・バウハウス
絵: ベジュリフ・フリッタ
訳: 横山 和子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,200

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1982年10月
ISBN: 9784593501748

27cm×21cm 96P

出版社からの紹介

トミーが3歳になった日、お父さんはケーキの絵を描いてくれた。テレジンのユダヤ人収容所には絵に描いたケーキしかなかった。戦争が終わり、お父さんのスケッチブックが発見されて創られた絵本。

ベストレビュー

絶望の中で見つめる子供への愛

トミーはチェコスロバキアにあったユダヤ人強制収容所で両親と共に
暮らす男の子。
お父さんは絵描きさんでドイツ軍のための製図を書いていたため、
他のユダヤ人家族よりは恵まれた生活だったようです。

かわいい息子のため、軍に内緒で書き溜めた絵を壁の後ろに隠して
置きました。

トミーの三歳の誕生日。
もしも戦争がなければ、こんな楽しみがある。もしも戦争がなければ、こんな美味しい物が食べられる。もしも戦争がなければ… もしも…

お父さんの魂の叫びは、数十枚の絵となってはじけます。

しかし、お父さんの絵が軍にばれて、彼はアウシュビッツに送られて
そこで亡くなってしまいます。

お父さんは言っていました。
この絵がもし兵士にみつかったら…と想像するとすててしまおうか、
もしてしまおうか…
いやいや、壁の外の人達にここで起きたことをなんとしても知って
もらわねばならないならないのだ。こんなことが、けっして二度と
ふたたびおこらないように。

隣人であり、後にトミーの養父となる人の証言やトミー自身の思い出
も載っていますが、生き延びただけでは、幸せではなかった戦争の
傷跡は大きかったようです。
それでも、回りの人たちに支えられ四人の子の父となったトミーが
今は幸せと言う締めくくりでホッとしました。

命と引き換えたお父さんの絵が奇跡的にこの世に発表された
のですから、世界は平和への道を突き進んで欲しいです。

お父さんもお母さんも、そして児童書が読めるようになった多くの
子供たちにも、是非読んで欲しい一冊です。
(たれ耳ウサギさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳)

関連記事

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

トミーが三歳になった日

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら