だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
グランドアルバム ぞうのババール こどものころのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グランドアルバム ぞうのババール こどものころのおはなし

  • 絵本
作・絵: ジャン・ド・ブリュノフ
訳: やがわ すみこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年12月
ISBN: 9784566000223

B4判/48ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

《ババール》がフランスではじめて出版されたときと同じ判型の超大型絵本。ゆったりとした画面、美しい色調、心温まるユーモアにみちた物語。今もなお香り高い魅力につつまれたババールの世界をそのまま伝えます。

ベストレビュー

好奇心がいっぱい

子どもが保育園から借りてきたので一緒に読みました。ぞうのババールが子どもの時に狩人から逃げ、街まで来てしまったのをきっかけに、人間の暮らしに興味を持ちます。ゾウの気持ちがわかるおばあさんのおかげもあって、服を着てみたり、靴を履いたり、自動車に乗ったりと、好奇心がいっぱいのババールでした。森へ帰った後も、結婚式の服を準備したりと、すっかり人間の生活に慣れたババールは、このあとどんな生活をするのかな〜と、他のお話も読んでみたくなりました。
(morimoriさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ジャン・ド・ブリュノフさんのその他の作品

ババールのおはなし / しかけ絵本 ババールのしんこんりょこう / グランドアルバム ぞうのババール3 おうさまババール / グランドアルバム ぞうのババール4 ババールのこどもたち / さるのゼフィール なつやすみのぼうけん / グランドアルバム ぞうのババール5 ババールとサンタクロース

やがわ すみこさんのその他の作品

クリスマス・イブ 新版 / てんごく / カスペルとぼうや / イソップのお話から / グランドアルバム ぞうのババール2 ババールのしんこんりょこう / ババールのこどもたち



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

グランドアルバム ぞうのババール こどものころのおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット