すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ゆうやけひつじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうやけひつじ

作: 武鹿 悦子
絵: 宮本 忠夫
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆうやけひつじ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784893256966

27×22cm 32頁

出版社からの紹介

今日はひつじ家族が、新しい家へお引っ越し。「めーめめ めーめめ とっとこ とっとこ」。
でもあそびざかりの子ひつじたちはすぐに道草するので、おかあさんひつじはもう大変。
みんなで力をあわせてようやく着いた頃、空には一面の夕焼けが…。
繰り返しのリズムが楽しい、読み聞かせにぴったりの愛情あふれるおはなし絵本です。

ベストレビュー

ママは絶対助けに来てくれる!

モチーフは「7匹の子ヤギ」なのでしょうか?
ただ、この絵本の子ヤギの数は8匹でした。

なぜ、パパだけ先に新しい家に行っているかはわかりませんが、
ママひつじ1匹で、8匹の子ヤギとともに新しい家へ向かうちょっとした冒険ものです。
子ヤギたちにはそれぞれ名前と個性がちゃんとあって、
ひーちゃん、ふうちゃん、みいちゃん、ようちゃん、いいちゃん、むうちゃん、なあちゃん、やあちゃん。(数字の名前だけど、わかりやすくていいです)
子どもたちが何かやるたびに慌てて見つけに行くママ。

この絵本は子どもの数だけ繰り返しいろいろなことが起きますが、
その度に「ママが絶対に探しに来てくれる」
「ママが助けに来てくれる」という確かな安心感が、読み手や聞き手の子どもたちにも伝わってくると思いました。
(少なくとも私は感じましたよ。これを読んだからかなぁ。うちの子が大変な目にあって、叫びながら駆けつける夢を見ました。)

次回、もしこの家族がまた冒険のような旅に出なくてはいけないときはできればパパもお願いしたいです。
2人で子どもたちを守ってください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり / おはなし ねんねんねん / おそろい おそろい / とんぱらどんどん

宮本 忠夫さんのその他の作品

読書リレー(3) 1〜2年生 くわせろ / 読書リレー(2) 5〜6年生 頭蓋骨のたんこぶ / とっておきのあさ / 松谷みよ子 おはなし集3 / やぶ坂からの出発 / やぶ坂に吹く風



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ゆうやけひつじ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット