庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ゆうやけひつじ」 みんなの声

ゆうやけひつじ 作:武鹿 悦子
絵:宮本 忠夫
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784893256966
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,882
みんなの声 総数 5
「ゆうやけひつじ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ママは絶対助けに来てくれる!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    モチーフは「7匹の子ヤギ」なのでしょうか?
    ただ、この絵本の子ヤギの数は8匹でした。

    なぜ、パパだけ先に新しい家に行っているかはわかりませんが、
    ママひつじ1匹で、8匹の子ヤギとともに新しい家へ向かうちょっとした冒険ものです。
    子ヤギたちにはそれぞれ名前と個性がちゃんとあって、
    ひーちゃん、ふうちゃん、みいちゃん、ようちゃん、いいちゃん、むうちゃん、なあちゃん、やあちゃん。(数字の名前だけど、わかりやすくていいです)
    子どもたちが何かやるたびに慌てて見つけに行くママ。

    この絵本は子どもの数だけ繰り返しいろいろなことが起きますが、
    その度に「ママが絶対に探しに来てくれる」
    「ママが助けに来てくれる」という確かな安心感が、読み手や聞き手の子どもたちにも伝わってくると思いました。
    (少なくとも私は感じましたよ。これを読んだからかなぁ。うちの子が大変な目にあって、叫びながら駆けつける夢を見ました。)

    次回、もしこの家族がまた冒険のような旅に出なくてはいけないときはできればパパもお願いしたいです。
    2人で子どもたちを守ってください。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠くなってきます

    ヒツジの数を数えると眠くなるって言いますが、このお話にも少しはその効果があったと思います。子供の名前を確認するときに、うちの子はだんだん眠くなってきていました。そして、ハプニングが起こるたびに、ハッって目が開きます。そんな感じの絵本でした。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わあー たいへんだあ

    読み終わって、「わあー たいへんだあ・・・」と思いました。

    8匹の子羊の確認をページ毎に確認する私がいました。

    8匹の子羊たちの服装にもお洒落で気になった私ですが、いつも誰かが

    道草をして、その度に確認しなければ安心できない状況に子沢山ってや

    っぱり大変な毎日だなあって思いました。絵が緑色がとても綺麗だなあ

    って思いました。おかあさんを先頭にみんなで一緒に歩く姿はいいなあ

    って思うし、アクシデントにもみんなで協力して助け合って解決してい

    るから頼もしく思いました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がきれい

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ひつじのお母さんと8匹のこひつじたちが、お父さんの待っている新しいおうちにお引越しです。
    「ひいちゃん ふうちゃん みいちゃん ようちゃん いいちゃん むうちゃん なあちゃん やあちゃん みんないる?」と確認するお母さん。
    いやぁ、大変そうだなぁ。私なんて二人連れて出かけるだけでもパニック起こしそうなのに。
    もちろんこのお引越し、スムーズには終わりません。お母さんがんばれ!と思わず応援したくなります。
    明るかった昼間の風景も、だんだんと日が暮れてきてとうとう夕焼けに。
    この夕焼けのページがとってもきれいです。娘も思わず「きれー」と言うほど。
    内容は幼い子向けですが、絵は大人もしっかりと楽しめる絵画のようで、とても気に入りました。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっとこが楽しい

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    新しいお家へ引越しをするひつじの親子。
    「とっとこ とっとこ」のリズムが楽しいようで、かなりノリノリで楽しんでいる娘でした。
    立場はもちろん子ひつじなんですね。
    「なー(おさかな) とってー!」と、絵本の中の子ひつじと同じようにさかなを取ろうと手を伸ばし、すくおうとしていました。

    子供って好奇心旺盛で、ほんのちょっとの隙にとんでもないところに行ってしまうんですよね。
    何だか読みながら、こちらはお母さんひつじの立場になって、忙しい気分に。
    やっとのことで新しいお家に着いたときにはホッと一安心しました。

    大変だけど賑やかで楽しいひつじの親子は、とっても微笑ましいです。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット