新刊
きょうりゅうのわかっていること・わかっていないこと

きょうりゅうのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「わからない」って楽しい!国立科学博物館監修の恐竜絵本!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

TOP500

オパーサン

ママ・40代・福島県、女の子18歳 女の子16歳

  • Line
自己紹介
5歳と2歳の二人の女の子の母です。
フルタイムで仕事をしているので、昼間は保育園で過ごす子どもたち。
寝る前のほんのひととき、子どもに絵本を読んであげる時間は大切な親子の触れ合いタイムです。
0歳のころから読み聞かせをしてきた上の娘は立派な絵本好きに成長。下の娘も1歳すぎて絵本に興味を持ち始め、これからの絵本ライフがますます楽しみです。
好きなもの
もちろん絵本:絵がきれいでやさしいおはなしのものが好き。
おいしいもの:作るのも食べるのも大好き。
おだやかな生活:「暮らし上手の家事ノート」を書かれた町田貞子さんのような秩序があって季節を楽しむ生活に憧れています。子育てのばたばたでなかなか実現できませんが・・・。
外遊び:子どもが生まれる前は山登り、今はピクニックを楽しんでいます。最近キャンプを再開しました。お日さまの光、風の匂い、葉ずれの音・・・外にいると心が落ち着きます。
ひとこと
絵本ナビと出会い、私の絵本の世界が劇的に豊かなものになりました。
特集やランキング、そして何よりメンバーの皆さんのレビューを見て、たくさんの素晴らしい絵本に出会うことができたのです。読んでみたい絵本のリストは長くなる一方。
美しい絵、個性的なキャラクター、心あたたまるお話、笑えるユーモア・・・本当に絵本の世界は素敵。そんな絵本の世界を娘たちと味わえる幸せをかみしめています。感謝!
私のレビュー、つたない文章で絵本の魅力を十分には伝えられないですが、それでもどなたかの絵本との出会いのお役にたてれば、とても嬉しいです。

オパーサンさんの声

1137件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 気に入りました!  投稿日:2012/09/17
ぼくはワニのクロッカス
ぼくはワニのクロッカス 作: ロジャー・デュボアザン
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 島 式子 今江 祥智

出版社: 童話館出版
なんといっても、クロッカスの作る花束が素敵。白いひなぎくと緑のはっぱ、川の岸辺に咲く紫の背の高い花、森で見つけた黄色の花など、なんともセンスがいいのです。お花好きならもちろん、そうでなくたって、毎朝こんな花束が届けられたらときめいちゃいますよね。
クロッカスが隠れる手伝いをしてくれる動物たち、そしてクロッカスの優しい気持ちを素直に受け取ってくれるスイートピーご夫妻。全体に暖かい雰囲気が漂っていて、読んだ後にほのぼのと優しい気持ちになれました。娘も気に入ったので、我が家の本棚に加えるつもりです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても素敵なものがたり  投稿日:2011/11/06
皇帝にもらった花のたね
皇帝にもらった花のたね 作・絵: デミ
訳: 武本 佳奈絵

出版社: 徳間書店
久々にしみじみといい絵本だなぁと思いました。
自分の好きなことを大切にすること、一生懸命努力すること、正直でいること。大事なことが、押し付けがましくなく、シンプルな言葉で語られています。
ストーリーだけでなく、繊細でやさしいタッチの絵も素敵。お花がいっぱい描かれていて、見ていると穏やかな気持ちになれます。
娘もとっても気に入ってくれたので、さっそく絵本ナビショップで注文しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘の目に涙が・・・  投稿日:2011/06/09
あらしのよるに
あらしのよるに 作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士

出版社: 講談社
有名なこのシリーズ。
ずっと読みたかったけれど、娘が理解できるようになってからと待っていましたが、5歳も終わりに近づいて、そろそろいいかなぁとワクワクしながら図書館から借りてきました。
地味な表紙にあまり気乗りしない様子の娘でしたが、読み始めたら引き込まれたみたい。
続きがあると言うと、すぐに読みたいと言いました。
もちろん私自身も続きが気になりましたから、すぐに全巻借りてきましたとも。
けっこうな分量ですが、一気に読みました。
そして最後は思わず声がつまり、ふと横を見ると涙を拭く娘の姿が。
きっと娘の心に何かを残してくれたと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 女の子も楽しめる  投稿日:2011/06/09
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ 作: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
有名な絵本なので、ずっと気になりつつも読まなかった絵本。
うちは女の子二人なので、こういう雰囲気の本は好まないかなぁと思っていたのです。
でも読んでみたら、それは勝手な思い込みでした。
マックスの冒険は、性別関係なく、子どもたちの心を掴むようです。
お母さんに怒られて、こんな家出て行ってやる!って思うこと、たいていの子どもは経験があるでしょう。
そしてさんざん冒険した後、やっぱり帰ってくるのは・・・。
きっと子どもはマックスに共感しまくりなんでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おしゃれな科学絵本  投稿日:2011/06/09
しずくのぼうけん
しずくのぼうけん 作: マリア・テルリコフスカ
絵: ボフダン・ブテンコ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
科学の絵本ですが、絵がとても可愛らしく、手書き風の文字も洒落ています。
バケツから飛び出したしずくが、水蒸気になったり、氷になったり、雲になったり。
楽しい冒険を通して、水がどうやって変化をするのか、そしてお天気の仕組みまで分かってしまいます。
内容的にはやはりちょっと難しいので、年長さんくらいからのほうが無理なく理解できるかな。
でも2歳の娘も、可愛い絵が気に入ったようで、楽しそうに聞いていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「しょもう〜」がブームに  投稿日:2011/06/09
もものすけのおさんぽ
もものすけのおさんぽ 作: やまち かずひろ
絵: 荒井 良二

出版社: 小学館
とぼけたおはなしと、荒井良二さんの力の抜けた絵がマッチしていて、とても楽しく読みました。
一冊に3つのおはなしが入っています。一気に読むにはちょっと長いかな。でも一つ読むと次のおはなしも気になるようで、結局一気に最後まで読んでしまいました。
やはりというかなんというか、娘たちが一番気に入ったのは、最後の「おやすみなさいもものすけ」でした。おならネタは鉄板ですね。
「しょもう〜〜」がしばらく我が家でブームになったのは、言うまでもありません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う レッツ・ダンス!  投稿日:2011/06/09
おひめさまようちえんのにんぎょひめ
おひめさまようちえんのにんぎょひめ 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
前作の「おひめさまようちえん」が娘たちに好評だったので、こちらも図書館から借りてきました。
またまた大喜び。特に人魚の水着を選ぶページでは、二人して「これがいい!」「やっぱりこっち!」と興奮して選んでいました。
そしてまさかの「タコチュウダンス」。せっかくお姫様になったのにどうして???と思うのですが、今どき可愛いいだけのお姫様は流行らないのかもしれませんね。
娘たちもしばらく、「タコチュウ、タコチュウ、タコチュウチュウ〜」と踊っていました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う これからの女の子!  投稿日:2011/06/09
ゆうかんなちびのお針子
ゆうかんなちびのお針子 作: メアリー・ポープ・オズボーン
絵: ジゼル・ポター
訳: おがわ えつこ

出版社: らんか社
ジゼル・ポターさんの絵が好きなので選んだ絵本。この淡い色彩と、ちょっと気味悪いような人物たちの表情が好きなんです。
内容は、ハエを7匹やっつけて、すっかり勇敢な気分になってしまったお針子が繰り広げる大冒険。
ハエを殺したぐらいで自信を付けてしまって大丈夫???と思うのですが、このお針子は、勇敢なだけではなくてかなり賢いのです。降りかかる危険を次々とかわし、意地の悪い王様をとっちめる様子はとても爽快。
そして私が一番いいな、と思ったのは、お針子が助けてくれた騎士に自らプロポーズするところです。
やっぱりこれからの女の子は、強く賢く能動的でなくては!
やや長いおはなしですが、5歳の娘も気に入って、何度も繰り返し読みました。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 乙女ちっく  投稿日:2011/06/09
しいちゃんふうちゃんほしのよる
しいちゃんふうちゃんほしのよる 作・絵: こみね ゆら
出版社: 佼成出版社
こみねゆらさんの絵がとっても素敵。
女の子の憧れがぎゅーっと詰まった絵本です。
だってパーティへの招待状が届いて、そのパーティ用のお洋服を買いに、たくさんのお店をはしごしちゃうんですから。
ドレスでしょ、コートでしょ、靴でしょ、アクセサリーも。
どのお店にあるのもすごくハイセンスで、大人が見ても欲しくなっちゃいます。
しいちゃんとふうちゃんは姉妹なので、うちの二人の娘たちの名前に置き換えて読んでやったら大喜び。
女の子におすすめです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 春を待つ季節に読みたい  投稿日:2011/06/09
はなのがっこう
はなのがっこう 作・絵: 仁科 幸子
出版社: 偕成社
花の学校では、花の子どもたちが、お世話の仕方を学びます。根っこを担当する組、葉っぱを担当する組、花を担当する組の三組に分かれて。
きれいなお花を咲かせるためには、それぞれ大切な役割があるんですね。なんだか一緒にお勉強をしている気分。
そして学び終わった子どもたちは、三人一組で一つの花を担当し、土の中へ・・・。眠りについて春を待ちます。
さてさて、きれいなお花を咲かせることができるかな?
可愛らしくも、お花のことがよく分かるいい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

1137件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット