うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
めんどりのルイーズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めんどりのルイーズ

作・絵: ジャネット・モーガン・ストーク
訳: いずみ ちほこ
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「めんどりのルイーズ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784883301263

おはなし

 めんどりのルイーズは、赤いカーテンのあの家が大好き。気になるな、中はどうなってるの? なんだかあたしにぴったりね。赤いカーテンに誘われて、ルイーズは窓から家の中に入り、探検を始めました。

みどころ

 おっとり、おとぼけ風のルイーズが、味わい深い(?)一言を残しながら家の中を探検する絵本。ルイーズにとって鉢植えは椅子、ソファーで眠る猫は牛、赤い三輪車はトラクターで、花模様のベッドカバーはお花畑……。この視点のズレが米国では小さな読者層を中心に人気を呼び、すでにルイーズ・シリーズは7冊刊行されています。無垢でやさしそうな表情に、何ともいえない親しみが湧いてきますね。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

かわいい勘違い

めんどりのルイーズが人間の家に入り、色々と勘違いを重ねながら進んで行くお話です。

文章はわずかですが、絵を見るとルイーズの勘違いがわかって、笑ってしまいます。

小さな子向けのように見えますが、文章と絵がずれていることの面白さを楽しむにはそれなりに理解力がないと難しいと思いました。ちなみに息子は単純なのか、その面白さになかなか気付かず、「え、なんで?ちがうよ。」という疑問で終わってしまっていました。息子には早いのか、息子には向かないのか・・・。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いずみ ちほこさんのその他の作品

ぼくのおばあちゃんはスター / わたしのおじいちゃんはチャンピオン / ゆきだるまのメリークリスマス / わたしのママは まほうつかい / ぼくのパパは おおおとこ / ルカのクリスマスケーキ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

めんどりのルイーズ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット