ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぼくのおおきさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのおおきさ

作・絵: ラニ・ヤマモト
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ぼくのおおきさ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784062830195

サイズ:A12取 ページ数:24

出版社からの紹介

世界一みじかい哲学の本!

ベストレビュー

大きさってこうやって知るんだね

世界一みじかい哲学の本の3冊目です。
自分が大きくなったことを、どうやって知るのか、この絵本で男の子の考えることに興味津々になりました。
兄弟・姉妹と比べたり、まわりにあるものと比べたり、そうすることで、知らず知らず自分の大きさを決めていることに、気づかされました。でも、比べるものによって、自分が大きかったり小さかったりしますよね。そんなこと知ってるといいつつ、あらためて考えると奥深いなあとしみじみ思います。
自分の正確な大きさはなかなかはかれないけど、自分は自分なんだとはいえる!最後は、前向きになれる自信のような気持ちを感じることができました。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラニ・ヤマモトさんのその他の作品

かんがえるアルバート ぼくのじかん / ぼくのいるところ

谷川 俊太郎さんのその他の作品

でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ぼくのおおきさ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット