雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
あかずきん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかずきん

  • 絵本
作・絵: すぎうら さやか
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784592761341

四六倍判変型・32頁・縦194o×横205o

出版社からの紹介

グリム童話の中でも名作として生き続ける「あかずきん」は、説明の必要もないほど世界中ひろく知れわたっています。その物語を杉浦さやかが、あまずっぱくて気持ちいい絵本に仕上げました。 2009年3月刊。

わたしは、ただただ「かわいい」あかずきんを描きたかった。
赤いずきんに、バスケットに、お花。
砂糖菓子みたいな、最強な女の子を。
(カバー・著者コメントより)

ベストレビュー

新感覚のあかずきん

『あかずきん』など、有名どころのお話をきちんと読んであげたことあったかな?と思っていた時に
丁度目に飛び込んできたのがこの本です。
図書館から借りてきて3歳と8歳の娘たちと読みました。

ストーリーは言わずと知れたあのグリム童話の『あかずきん』ですが、
情景描写やおかあさんとの会話などが丁寧に描かれていて、
そしてなにより絵がカラフルで可愛らしくてとってもキュート!!

そして今まで読んだお話では、
おばあさんとあかずきんを食べてしまったオオカミは
猟師にお腹を切られて、石を詰められて井戸の中へドボン、でしたが、
すぎうらさやかさん版あかずきんは、
助けた人もオオカミをこらしめる方法もユニークでびっくりしました!

最後のお茶会の様子も可愛らしくて◎でした。

グリム童話の教訓なんてものはあまり感じられない、
普通にお話として楽しめる新感覚のあかずきんって感じでした。

どちらかといえば女の子ウケがいいかな?と思いますが、
オオカミの表情などは結構
可愛らしくも悪そうなので、
男の子でも楽しめると思います(^^)。
(ゆりわんちゃんさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

あかずきん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット