クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
太陽と月になった兄弟
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

太陽と月になった兄弟

絵: 秋野靱子
再話: 秋野 靱子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「太陽と月になった兄弟」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年03月
ISBN: 9784834012385

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
24X32cm・48ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

昔、この世に太陽も月もなく、人々は空の薄明りをたよりに暮らしていた。が、ある日、その空を黒雲が覆ってしまい……。

ベストレビュー

ボリビアの太陽と月

ボリビア・インディオに伝わる、太陽と月の民話。
インディオの世界観にとって、太陽や月は大切です。
それだけ、身近なものなんですね。
双子の兄弟、アリとヤシ。
二人はたくましい力とすばらしい知恵を備えた若者に育ち、
異常気象に立ち向かいます。
天へ上る兄弟の力強い意思が画面からぐいぐい伝わります。
そして身を挺してアリは太陽に、ヤシは月になって人々を救います。
インディオが太陽や月を崇拝する気持ちがよくわかります。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

太陽と月になった兄弟

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット