もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
大魔法使いクレストマンシー 魔法の館にやとわれて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大魔法使いクレストマンシー 魔法の館にやとわれて

作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
絵: 佐竹 美保
訳: 田中薫子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年5月31日
ISBN: 9784198627423

小学校中高学年から

出版社からの紹介

「貴族の館にいるある人物を見つけ出して倒さなければ、おまえの命は長くない」と言われ、魔法の館に従僕として潜入した12歳のコンラッド。やはり何かを捜しに来たらしい。少し年上の少年クリストファーとともに、館の屋根裏で異世界の塔への扉を見つけ…? 
大魔法使いクレストマンシーの若き日の冒険と恋を、年下の友人の目から描く楽しい物語。
映画「ハウルと動く城」の原作者が贈る、人気ファンタジーシリーズの最新作!

ベストレビュー

十代のクリストファー

魔術師の叔父に「ある人物を倒さない限りお前は死ぬ」と言われた12歳の少年コンラッド。その人物がいるという館で働くことになりますが、そこで次期大魔法使いクレストマンシーであるクリストファーに出会います。
この巻だけでも楽しめます。時間の順で読みたいのならば、「クリストファーの魔法の旅」が先に来ます。今巻で登場するミリー等クリストファーの周囲のこともそちらを読むとよく分かりますよ。
十代思春期のクリストファーとコンラッドの物語。面白く読めました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんのその他の作品

四人のおばあちゃん / 賢女ひきいる魔法の旅は / ぼろイスのボス / ファンタジーを書く〜ダイアナ・ウィン・ジョーンズの回想 / ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家 / アーヤと魔女

佐竹 美保さんのその他の作品

封魔鬼譚(2)太歳 / 封魔鬼譚(3)渾沌 / 封魔鬼譚(1)尸解 / 増補改訂版 「守り人」のすべて / ヨーレのクマー / パン屋のイーストン

田中薫子さんのその他の作品

プリンセススクール(4) いちばんのお姫さまは?(下) / プリンセススクール(3)いちばんのお姫さまは?(上) / プリンセススク−ル (2) お姫さまにぴったりのくつ(下) / プリンセススクール(1) お姫さまにぴったりのくつ(上) / 大魔法使いクレストマンシー キャットと魔法の卵 / オオカミのおれさまてんさいだいさくせん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

大魔法使いクレストマンシー 魔法の館にやとわれて

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット