となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
旅の絵本 7 中国編
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

旅の絵本 7 中国編

絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784834024630

5・6才からおとなまで

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

克明繊細な筆づかいで描かれた町並みや自然の風景……絵の中をいっしょに旅していくような楽しみに満ち満ちた、
安野光雅作「旅の絵本」のシリーズは、これまで世界各国の子どもたちに、そして大人たちにも、大人気を博してきました。
これまでの6冊では、ヨーロッパ各地やアメリカを巡ってきましたが、今回の7巻目で、旅はいよいよアジアに入りました。
悠久の大地、中国の旅です。絹布に水墨画のように描かれた風景は、今までの「旅の絵本」とは全く違う世界を
作り出しています。雄大な舞台にしっかりと描かれた人々のさまざまな営みをお楽しみください。

旅の絵本 7 中国編

ベストレビュー

中国

旅の絵本シリーズ、初のアジアですね。
建物や自然の様子で、前作までと違った世界を楽しめました。
このシリーズでは、国の歴史なども考えて描かれているので、中国という長い歴史があり、広大な土地の国では、一冊の本にまとめるにも、大変な苦労があったのではないかと思いました。

(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

旅の絵本 7 中国編

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット