ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
十二の真珠
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十二の真珠

作・絵: やなせ たかし
出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「十二の真珠」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>

ベストレビュー

やなせたかし作品の原点

「ふしぎな絵本」と副題にありますが、ショートストーリーの童話が十二篇、
それに、やなせさんの絵が多目に寄り添っているという感じです。
私にとっては、やなせたかしさんはこの作品のような短い童話作家のイメージの方が強く、
アンパンマン以前の、少女時代にタイムスリップしたような読後感でした。
初期の作品ということもあってか、まさに、やなせさんが前書きで記しているとおり、
「その後の作品の基本形は全てこの十二篇の中に含まれている」と思います。
もうすでに、アンパンマン(今のアンパンマンとは少し風貌は違いますが)も登場しているんですよ!
「詩とメルヘン」で称されるやなせさんらしく、メルヘンチックな設定で物語が進みますが、
そこに流れるヒューマニティは切なく、重いです。
従軍経験のあるやなせさんだからこそ、戦争、平和、争い、復讐、命、愛情、真心などが
リアリティをもって伝わってきます。
やや古風なので、大人向けかもしれません。
そっと読んでほしいと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子13歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

やなせ たかしさんのその他の作品

アンパンマンとコネギくん / パトロールに いってきます! / ピンポーン! だれかな? / アンパンマンとカードでピッ♪ / アンパンマン ミニシールえほん のりもの / アンパンマン ミニシールえほん どうぶつ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

十二の真珠

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット